北海道松前郡 永倉新八居住地跡

新撰組の二番組組長永倉新八は、松前藩出身。
とはいえ、江戸詰家臣長倉勘次の次男でしたので、
江戸上屋敷で育っており、松前では育っていません。

永倉は神道無念流を習得して剣術に傾向し、
剣の道を究めたいと脱藩。
数々の道場で腕を試し、試衛館の食客となって、
近藤勇らと浪士組に参加しました。
その後はご存知のとおり、新撰組で二番組組長を務め、
池田屋事件では近藤、沖田総司藤堂平助と共に斬り込み、
負傷しながらも最後まで戦い、勇名を轟かせます。

新選組は鳥羽伏見の戦いで敗北して江戸に戻り、
甲陽鎮撫隊として甲州に赴きますが、
僅か1日で新政府軍に敗れて江戸へ退却。
方針の違いから永倉は原田左之助らと共に近藤と離れ、
幕臣で旧知の芳賀宜道を隊長とする靖兵隊を結成します。

その後、江戸城開城が決定した為に江戸を脱出し、
旧幕府軍と合流して各地を転戦。
会津藩の降伏を知って江戸に戻り潜伏しました。

後に松前藩への復帰が認められて、
藩医杉村介庵の婿養子となり、
松前に移り住んで杉村義衛を名乗ります。


永倉新八居住地跡
永倉改め杉村は、唐津内川の畔に居をかまえました。
明治4年から6年までここに住んでいたとされ、
その後は小樽に移っています。

樺戸集治監で看守に剣術を教えるなどした後、
一時東京で剣術道場を開いていましたが、
妻子の薦めで小樽に戻り、晩年まで剣の指導に携わり、
大正4年に没しました。

戊辰戦争後、松前藩に復帰した永倉。
仮に近藤と袂を分さず、
土方歳三と共に旧幕府軍と蝦夷に向かったならば、
旧藩と戦う事は出来たのでしょうか?
また、参加してなかったとはいえ、
新撰組を要する旧幕府軍に攻められた松前藩が、
永倉の復帰を快く受け入れたのは、
どういった心境だったのでしょうね。

■関連記事■
「新撰組顛末記」永倉新八
 永倉が生き残った事により、新選組が後世に伝わりました。
東京都日野市 石田寺(土方歳三墓所)
 新選組副長土方歳三の墓所。
東京都新宿区 試衛館跡
 天然理心流試衛館の道場跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。