岡山県浅口市 鴨方陣屋跡

岡山藩には江戸期を通して3つの支藩がありましたが、
3藩とも藩庁は置かれず、藩主は岡山城下に居住し、
藩名はどれも「岡山新田藩」でした。

3藩のうちの1つは早期に廃藩しましたが、
他の2藩は廃藩置県まで存在し、維新後に藩庁を置いて、
それぞれ「生坂藩」「鴨方藩」となっています。

今回はそのひとつ鴨方藩の陣屋跡を訪問しました。

かもかた町家公園」。
岡山新田藩(鴨方藩)は藩庁がありませんでしたが、
年貢や税の徴収を行う御用場が鴨方に設置され、
鴨方と岡山城下を結ぶ鴨方往来と呼ばれる街道が、
六官道のひとつとして賑わいを見せていました。
庄屋であり油商も営んでいた旧高戸家の屋敷跡は、
現在「かもかた町家公園」として整備されています。


鴨方陣屋跡」。
御用場は代官所のようなものと思われますが、
維新後に陣屋が造営され、後に藩庁となりました。
跡地は黒住教教会と長川寺の敷地の一部で、
遺構として石垣が残されています。

岡山新田藩(鴨方藩)は、
岡山藩3代藩主池田光政の次男池田政言が、
兄で4代藩主の池田綱政より、
2万5千石を分与されて立藩し、
以後10代続いていますが、
何度も断絶の危機がありました。

6代池田政養の死後、
跡を継いだ7代池田政共でしたが、
政共は19歳で早逝してしまい、
8代は同母弟の池田政広が継ぎます。
しかし政広は病弱で藩政もままならないどころか、
元服まで生きられるかも危ぶまれる状況。
そこで政広の異母弟池田虎吉が政広にすり替わり、
政広となった後に改名して将軍御目見しました。
これが8代藩主池田政善で、実際は9代藩主なのですが、
幕府の記録としては8代藩主とされています。

これでとりあえず断絶の危機からは脱したのですが、
その次代にも危機が訪れました。
政善は岡山で死去しますが、幕府へ報告されてません。
世子池田政樹は病弱であり、
到底藩主は努められないだろうとされ、
政善が生きていることにして政樹の敗着願を提出し、
縁戚の人吉藩相良家より末期養子を迎え、
そのうえで政善の死亡届を幕府に提出しました。
こうして藩主になったのが9代藩主池田政詮で、
後に岡山藩の最後の藩主池田章政となった人物です。
岡山藩9代藩主池田茂政徳川慶喜の実弟であり、
慶喜の追討令が新政府から出された際に、
兄を討つに忍びないと隠居した為に、
支藩の政詮が宗家を継いで章政と改名し、
岡山藩10代藩主となりました。

岡山新田藩(鴨方藩)は、政詮の子池田政保が継ぎ、
維新後に藩庁を置いて正式に鴨方藩が立藩しますが、
明治4年の廃藩置県で鴨方藩は消滅し、
鴨方県となっています。

【鴨方藩】
藩庁:鴨方陣屋
藩主家:利政流池田家
分類:2万5000石、外様大名(岡山藩支藩)

■関連記事■
岡山県岡山市 岡山城
 宗家の岡山藩池田家の居城跡。
岡山県倉敷市 東雲院(生坂藩仮藩庁)
 鴨方藩と同じく支藩の生坂藩池田家の仮藩庁跡。
鳥取県鳥取市 鳥取城跡
 同族の鳥取藩池田家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。