鳥取県鳥取市 鳥取城跡

鳥取藩は、因幡伯耆2国(現在の鳥取県)領有した大藩。
藩主家の池田家は外様大名ですが、
幕府より準親藩の扱いを受けました。

織田信長の重臣池田恒興は、
信長亡きあと小牧・長久手の戦い羽柴秀吉に味方しますが、
鞍に銃弾を受けて落馬してしまい長男池田元助と共に討死。
家督を継いだのは次男の池田輝政で、
幕府より播磨52万石を与えられ姫路藩主となりました。

次代は輝政の長男池田利隆が姫路藩を継ぎ、
次男の池田忠継は28万石を与えられ岡山藩を設立。
利隆の死後、嫡男池田光政が幼少であったことから、
姫路から鳥取へ移封となります。
一方、岡山藩では忠継が早逝。
輝政の三男池田忠雄が岡山藩を継ぎました。
その次代の池田光仲は幼少であった事から、
鳥取藩の池田家との領地替えが行われ、
以後、光政の系譜が岡山藩主(宗家)、
光仲の系譜が鳥取藩主となって廃藩置県まで続きます。

鳥取藩池田家は、岡山藩池田家の分家筋なのですが、
その血筋は徳川家康より受け継いでいた為、
※池田忠雄は家康の外孫。
幕府より宗家から独立した大名の扱いを受け、
しかも親藩に準ずる家格が与えられていました。

そんな鳥取藩の藩庁鳥取城
正確な築城年はわかりませんが、
戦国時代は壮絶な篭城戦の行われた場所でした。

久松山」と「吉川経家公像」。
鳥取城は諸説ありますが、
因幡守護大名山名誠通が山城として築城した城で、
毛利元就尼子再興軍による奪い合いが行われ、
その後は織田家と毛利家との奪い合いとなり、
毛利家重臣吉川経家が城主となります。
因幡攻めを担当する羽柴秀吉に対抗するため、
経家は籠城の準備を始めましたが、
秀吉の謀略によって周辺の米は高騰。
兵糧は手に入らず、しかも蔵米も高値につられ、
城兵が売ってしまうという事態。
この状況に秀吉は鳥取城を完全に包囲し、
鳥取城の兵糧攻めを開始しました。
まもなく兵糧は尽きて、城内の家畜や植物で飢えをしのぎ、
餓死者の肉を喰らい、まだ息のある者まで食らうようになる。
4ヶ月が過ぎて経家は自らの首と引き換えに、
城兵の助命を条件に降伏。
秀吉は経家の奮戦を称えて助命を申し出ますが、
経家は固辞して自害しました。
※鳥取城渇え殺し。


北ノ御門」より場内へ。
鳥取城の現在久松公園として整備されています。


中仕切門」。
明治に廃城されて城内の建造物は払い下げられましたが、
この中仕切門は残されました。
しかし、昭和50年の台風によって崩壊してしまい、
現在建っているものは同年に再建されたもの。


右膳ノ丸跡」。
中仕切門より登った場所にある郭。
城代高木右膳の屋敷があったことから、
右膳ノ丸と呼ばれたようです。
五輪塔郡の他、「御城内安全」と刻まれた碑がありました。


仁風閣」。
右膳ノ丸より望む仁風閣は、池田侯爵家の別邸。
明治40年に建てられた白亜の木造瓦葺2階建てで、
国指定の重要文化財となっています。

右膳ノ丸より二ノ丸跡へ。

登石垣」。
斜面に直角に設置された非常に珍しい石垣。


二ノ丸跡」。
藩主の居館として御殿が建てられていた場所。
後に藩主の居館は三ノ丸に移っていますが、
それ以前は政治の中心として機能していた郭でした。


御三階櫓跡」。
三層三階の隅櫓で、鳥取城のシンボルでもありました。


天球丸跡」。
二ノ丸より天球丸石垣を望む。
山頂の山上ノ丸を除く城内で一番の高所です。


中坂稲荷神社」。
二ノ丸にある小さな稲荷神社。
天球丸へはこの稲荷神社の脇の階段を登ります。
藩主の命を受けて江戸への飛脚を務め、
三日三晩で江戸と鳥取を往復したという、
伝説の狐経蔵坊を祀っています。


天球丸より二ノ丸および城下を望む。
鳥取城は「城郭の博物館」の異名があり、
色々な形の曲輪や珍しい石垣が観られる城です。

天球丸の名は、恒興の娘で山崎家盛の夫人天球院が、
山崎家を去った後に居住したことに由来。
後に火災で居館は焼失し、放置されていたようですが、
幕末に稽古所が設置されて、藩士の鍛錬に利用されました。


巻石垣」。
非常に珍しい石垣で、円形をしています。
石垣のたわみを防ぐためのもので、
本来は港や河川に用いられる手法。

幕末の鳥取藩藩主は、水戸藩主徳川斉昭の五男池田慶徳
それゆえ尊皇攘夷思考を持った藩主でしたが、
鳥取藩としては準親藩として佐幕的な側面もあったため、
藩内は勤皇派と佐幕派で藩士らが対立していました。
河田左久馬ら尊攘派藩士22名は、京都の本圀寺にて、
佐幕派重臣黒部権之助高沢省己早川卓之丞を暗殺。
藩論を勤皇に統一させようとしますが、
禁門の変によって政情が変わると、河田らは幽閉。
その後、大政奉還によって幕府が崩壊すると、
新政府に恭順して鳥羽伏見の戦い戊辰戦争に出兵しました。

【鳥取藩】
藩庁:鳥取城
藩主家:忠継流池田家(因幡池田家)
分類:32万5000石、外様大名(国持、準親藩)

■関連記事■
岡山県岡山市 岡山城
 宗家筋の岡山藩池田家の居城。
鳥取県鳥取市 東御館跡(鳥取東館新田藩)
 鳥取東館新田藩の鳥取城内御殿跡。
鳥取県鳥取市 西御館跡(鳥取西館新田藩)
 鳥取西館新田藩の鳥取城内御殿跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。