鳥取県鳥取市 西御館跡(鳥取西館新田藩)

鳥取藩の支藩鳥取西館新田藩は、
鳥取藩が自領で開墾して増やした新田を、
鳥取藩2代藩主池田綱清が、
弟の池田清定(初代光仲の四男)に分知し、
幕府に認められて立藩した藩です。

もうひとつの支藩鳥取東館新田藩と同様に、
鳥取藩の蔵米を支給される形式で、
藩政と呼べるようなものはありません。
分家を諸侯に列しさせるための方便のような藩でした。

その西館新田藩の屋敷跡は、鳥取城下にあります。

鳥取県警察本部(西御館跡)」。
現在は県警本部が建てられています。
西館新田藩主家の清定流池田家は、
江戸屋敷が鉄砲洲(現在の湊、明石町)にあった為、
鉄砲洲家とも呼ばれます。

幕末の藩主池田徳定は、
宗家の名代として鳥取藩兵を率いて上洛。
始め名代は、東館新田藩主池田仲建に打診されていましたが、
仲建は出兵に反対して抗議の諫死
しがし宗家藩主池田慶徳の意思は変わらず、
西館新田藩主の徳定を代わりに名代として出兵させました。

鳥取藩兵は有栖川宮邸警護を担当。
実は鳥取藩尊攘派と長州藩の間に密約があり、
有栖川宮を奉じて闕下に至り、
長州の雪冤を訴える事になっていましたが、
桂小五郎が有栖川邸に向かうと、鳥取藩士河田佐久馬は、
宮廷に向かって発砲するとは何たること!」と、
密約を破棄して桂を追い返しています。
これは良く知られる話ですね。

徳定はその後も藩主名代として行動し、
鳥羽伏見の戦い後の西国諸藩の追討の他、
戊辰戦争にも参加しています。

西館新田藩は、維新後に「若桜」に陣屋を置いたとされますが、
これは間違いです。
東館新田藩と同様に(記事はこちら)鳥取藩内の呼称にすぎず、
実際に「若桜」に陣屋を置いたわけではありません。
かつて若桜鬼ヶ城を藩庁とした若桜藩山崎家にあやかり、
鳥取藩内のみで若桜藩主と呼んだだけでのものでした。

【鳥取西館新田(若桜)藩】
藩庁:鳥取城三ノ丸西御館
藩主家:清定流因幡池田家
分類:2万石、外様大名(鳥取藩支藩)

■関連記事■
鳥取県鳥取市 鳥取城跡
 宗家鳥取藩池田家の居城。
鳥取県鳥取市 東御館跡(鳥取東館新田藩)
 鳥取東館新田藩の鳥取城内御殿跡。
岡山県岡山市 岡山城
 総宗家筋の岡山藩池田家の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。