岡山県笠岡市 笠岡代官所跡

備中国笠岡毛利家の支配地域でしたが、
関ケ原の戦い後、長門・周防2国に減封となり、
笠岡は天領となりました。
一時期、福山藩水野家の所領となりますが、
水野家の無嗣改易によって再び天領となり、
倉敷代官所の管轄となります。
しかし倉敷代官所の管轄が広範囲に亘ったため、
出張所として笠岡村に代官所が設けられました。


笠岡代官所跡」。
現在の笠岡市立笠岡小学校の敷地が、
笠岡代官所のあった場所。
この門は笠岡代官所でも小田県庁でもなく、
旗本戸川家妹尾陣屋の門を移築したもの。


代官所跡」碑。
門の向かって左側にある石碑。
笠岡代官は、福山藩代官山木与三左衛門が兼任し、
備中国西部から備後国南部を支配しましたが、
倉敷代官所の支配下であったにも関わらず、
独自性を持っていたとされます。
特に笠岡代官早川八郎左衛門井戸平左衛門は、
名代官として地元では知られており、
早川は各地で治績を挙げた他、郷校「敬業館」を創設。
井戸は「芋代官」として知られ、
飢饉を芋の栽培を奨励して乗り切っています。


小田縣廳跡」碑。
門の向かって右側にある石碑。
笠岡代官所は、維新後に閉鎖されますが、
廃藩置県の後に第1次府県統合が行われ、
周辺の鴨方県生坂県庭瀬県足守県浅尾県
岡田県高梁県成羽県新見県
倉敷県福山県が統合されて深津県が誕生。
県庁は福山に置かれる予定でしたが、
初代県知事矢野光儀の建議により笠岡に県庁が置かれ、
その後、小田県に改名しました。
以後、明治8年まで県庁として機能し、
小田県が岡山県に統合された為、
小田県庁は廃止しています。

■関連記事■
岡山県倉敷市 倉敷美観地区と倉敷騒動
 笠岡代官所は倉敷代官所の支配下に置かれていました。
島根県大田市 大森代官所跡
 石見銀山と周辺天領を支配した大森代官所跡。
福井県越前市 本保陣屋跡
 越前の天領を治める代官所陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。