島根県大田市 大森代官所跡

かつて日本は世界の銀の約3分の1を産出したという。
その日本最大の銀山が石見銀山(大森銀山)であり、
当時の世界最大の銀山でした。

平成19年にユネスコ世界遺産として登録され、
知名度もかなり上がり、観光客で賑わいをみせています。
この銀山をめぐり、大内小笠原尼子
そして毛利が奪い合い、豊臣徳川も干渉しました。

関ヶ原の戦いの後、石見銀山は徳川家に接収され、
幕府直轄領(天領)として支配されます。
その後、幕府のもとで銀山開発が進みましたが、
次第に産出量は減少し、
それでも深くまで掘り進めるなどして、
銀を産出し続けました。


島根県大田市(石見銀山の場所)

未だ、高速道路が途切れ途切れにしか出来ておらず、
交通の便はあまり良くないのですが。
さすがに世界遺産だけあって、ある程度の観光客でした。
しかしながら、外国人観光客をあまり見かけません。
やっぱりここまで来るにはハードルが高いのか?

車を「石見銀山世界遺産センター」の駐車場に置いて、
そこからシャトルバスで「大森代官所跡」まで行きます。
バスは15分間隔ですので、ストレスはありませんでした。


西南之役戦死者紀念碑」。
バスを降りて始めに目を引くのは、この大きな石碑。
明治20年に建立されたこの碑は、
当時の島根県知事籠手田安定によって建てられました。
籠手田は旧平戸藩士で、心形刀流剣術の免許皆伝。
幕末期には探索方として京都に在住し、
戸田一心斎直心影流を習っています。
維新後、滋賀県令元老院議官島根県知事を歴任。
山岡鉄舟の高弟である他、道場破りが趣味の変わり者で、
凄いのは警視庁撃剣世話掛33名を連破した話。
警視庁の撃剣世話掛は、剣豪達が揃っていたところです。
さすが一刀流宗家の証「朱引太刀」を、
鉄舟から授けられただけありますね。
石碑には官軍戦死者15名の名が刻まれています。
この碑の設置してある場所は、
向陣屋と呼ばれる代官所の施設があった場所。


大森代官所長屋門」。
石碑のあった場所から橋を渡った先に、
大森代官所の長屋門があります。
天領であった大森には代官所が置かれ、
銀山や担当する幕府領を支配しました。


石見銀山資料館」。
残念ながら代官所の建屋は現存しておらず、
明治35年に建てられた旧邇摩郡役所が、
現在の石見銀山資料館となっており、
銀山に伝来する文化財や美術品、
各地鉱山の鉱物標本などが展示されています。


城上神社」。
祭神は大国主命
大黒様として親しまれる国土開拓の神様。
元々は馬路の高山に鎮座していたもので、
航海安全と海防の神として信仰されていましたが、
大内家が石見銀山を手に入れると、
その守護神として大森の香語山に遷され、
毛利家が銀山を手に入れた際に、現在地に遷されました。
その後、徳川家が支配するようになってからも庇護を受け、
一時大火で焼失しますが、再建されて現在に至っています。


城上神社拝殿」。
江戸初期の再建時のまま現存された拝殿は、
天井の「鳴き龍」が有名です。
鏡天井に描かれた極彩色の龍は、
絵の真下の丸の中に座って手をたたくと、
まるで龍が鳴いているかのような音がするという。
実際に叩いてみると響いているような音がしました。


中間長屋」。
代官所に勤務する中間達の住居だった場所。
城上神社近くの橋を渡ったところにあります。

城上神社から南へ進み、
代官所を過ぎてT字路を右折して勝源寺へ。

勝源寺」。
勝源寺は、奉行や代官の菩提寺
大久保長安竹村道清によって創建され、
境内には歴代奉行の墓があります。


熊谷家三代の碑」。
石見銀山領の有力商家である熊谷家の墓碑。
中央の三佐衛門信英、右の三佐衛門信孚は幕末の人物。
代官所の御用達、年貢銀を検査する掛屋を努めました。


勝源寺本堂」。
本堂は幕末期に再建されたもの。


東照宮」。
勝源寺本堂の背後に小さく見えるのが東照宮
12代将軍までの位牌と、家康並びに十六将図や、
三つ葉葵入り茶碗などが奉納されていたようです。
それらは現在、本堂に移されているとのこと。


代官所界隈の町並み。
とても風情のある雰囲気ですが、
それほど観光客は多くない。
穴場スポットかもしれませんね。
※訪問時はコールデンウィーク。


熊谷家住宅」。
代官所の御用達、掛屋を努めた熊谷家の屋敷。
現在は復元されて一般公開されています。


青山家住宅(郷宿旧田儀屋)」。
郷宿とは、領内の村の世話役や農民が、
代官所に来た際に宿泊する施設。
郷宿田儀屋は領内にあった6軒のうちのひとつ。


ずっとこういう景色が続きます。


観世音寺」。
代官所の祈願寺で、高台に建てられています。
本堂は焼失した後に再建された1861年当時のもの。
五百羅漢を造営した月海淨印や、
儒学者で画家の佐和華谷が住職として入っていました。


観世音寺のある高台からは、町並みが一望できます。
石州瓦の屋根が美しいですね。


家々の軒先の竹筒には、花が生けられていました。


旧大森區裁判所」。
明治23年に建築された裁判所だった建物で、
現在は大田市町並み交流センターとなり、
石見銀山の資料等が展示され、
実際に裁判が行われた法廷なども見学できます。


旧河島家住宅」。
大森代官所の代々地役人を務めた河島家の屋敷。
一般的に地役人は一代限りでしたが、
鉱山の政務という極めて専門的な役職だった為、
世襲が認められたとされています。


「同心柳原家遺宅」。
大森代官所の同心を務めた柳原家の屋敷。


三宅家住宅」。
大森代官所の地役人田邊家の屋敷だった建物。
田邊家は鉱山政務の専門家として、
半田銀山足尾銅山にも派遣されています。


阿部家住宅」。
大森代官所の地役人阿部家の屋敷。
大森地区に現存する武家屋敷の中では最大級のもの。


宗岡家住宅」。
こちらも地役人であった宗岡家の屋敷。
改築整備されて一般公開されていました。


金森家住宅(郷宿旧泉屋)」。
銀山領内にあった6軒の郷宿のうちのひとつ。
残念ながら改装中でした。

石州戦争の際、天領であったこの地は、
長州勢の侵攻が不可避な状態となり、
最後の大森代官であった鍋田成憲は、
役人らと共に倉敷に脱出して幕府支配は終焉。
権力の空白化が生じた領内では一揆が勃発し、
長州勢は南園隊一小隊、四小隊を派遣し、
大村益次郎も自ら大森に入って民政に着手しました。

民政方として派遣された長州藩士国広勝馬は、
一揆の鎮静化に奔走し、一揆勢600余名の中に、
一人で入ってこれを鎮めたいう記録もあります。
以後、明治2年に大森県が設置されるまで、
長州藩が石見銀山領を支配しました。

ここから実際の銀山へ向かいます。

■関連記事■
島根県大田市 石見銀山
 世界遺産石見銀山。採掘された間歩に入る事も出来ます。
福島県伊達郡桑折町 桑折陣屋跡と半田銀山跡
  天領代官所と半田銀山の遺構。
島根県鹿足郡津和野町 旧堀氏庭園
 鉱山経営で財を成した堀家の旧邸宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。