福島県伊達郡桑折町 桑折陣屋跡と半田銀山跡

桑折幕府天領として代官所が置かれ、
領地支配の他、半田銀山の経営が行われていました。

桑折は米沢藩領であったり、会津藩領であったり、
桑折藩が立藩したりと、支配が入れ替わっていましたが、
半田銀山に有望な鉱脈が発見された為、
以後は天領として幕府の支配を受けています。

この半田銀山は、石見銀山生野銀山と共に、
江戸期の三大銀山に数えられ、
その始まりは大同元年(807)とされていますが、
本格的な操業は慶長3年(1598)頃の事のようです。

半田銀山の他、伊達郡62村、信夫郡43村を支配し、
桑折代官所は蝦夷を除く最北端の代官所でした。


旧伊達郡役所(桑折町文化記念館)」。
伊達郡役所は明治12年に保原町に設置されますが、
桑折町の有志による誘致運動によって、
現在の桑折町に移されました。
これはその際に新築された庁舎で、
国の重文に指定されています。


東久世通禧詩碑」。
東久世通禧七卿の一人で、
維新後は政府要職を歴任した人物。
桑折との関係は調べてもわかりませんでしたが、
桑折で霊山を望んだ際の事を詠んだ詩。
 海内妖氣侵闕廷
 感君殉節姓名馨
 鑾輿今日経過路
 仰見霊山千古青

訳:国内の妖気は朝廷を侵している
  天子の為に殉じた志士達の名を思い浮かべる
  帝輿が今日、ここを通過した
  霊山を仰ぎ見ると永遠に青いようだ

いつ詠まれたものかよくわかりませんが、
明治天皇の東北巡幸に随行した際かな?


野鴈去国歌」碑。
桑折の国学者で歌人でもあった安藤野雁の歌碑。
慶応3年に故郷に訣別した際に詠まれた長歌で、
その1か月後に大里冑山(埼玉)で死去しています。


桑折陣屋跡」説明板。
実はこの桑折代官所陣屋は、
旧伊達郡役所敷地の東隣にありました。
本来碑はその場所にあるべきなのですが、
現在の跡地は全て民家となっており、
苦渋の結果としてここに建てられたのでしょう。


徳川領桑折陣屋跡」木標。
桑折陣屋のあった場所の南側にある陣屋の杜公園
こちらも跡地からは外れています。

遺構は皆無ですし、説明板は変な設置ですが、
どうにかしたい気持ちは伝わりますね。

桑折代官所陣屋を後にして、半田銀山遺跡へ。

半田銀山遺跡・明治天皇行幸記念碑」。
銀山遺跡っていうからには、坑道かと思いましたが、
そうではありません。
ここは坑夫が、桑折宿の女郎達に見送られた場所。
坑道も国見町に残っているようですが、
現在は入れないようです。


女郎橋跡」。
鉱山で働く鉱夫達が、鉱山に向かう際に通った橋で、
桑折宿の女郎達はこの橋まで見送ったとのこと。
現在は石垣のみで橋が掛けられていませんが、
この下に川があったのでしょう。


半田銀山鉱夫供養塔」。
半田銀山で亡くなった鉱夫の供養塔。
鉱山ですので落盤事故はつきもの。
多くの鉱夫が命を落としていることでしょう。

ここには「明治天皇行幸記念碑」もありますが、
失礼ながら色々な場所に結構ありますので、
割愛しています。

桑折代官所は14万石を支配する比較的大きな代官所で、
半田銀山経営の他、桑折は養蚕業の産地だった為、
代官が江戸から赴任して政務を行っています。
※小規模の代官所の代官は任命されても任地には行かず、
江戸で政務行うケースが多かった。


戊辰戦争では、桑折代官所は仙台藩預かりとなり、
仙台藩は西山城跡や産ヶ沢河畔などに台場を設置。
一時的に奥羽越列藩同盟軍の拠点となりましたが、
仙台藩の降伏と共に新政府軍の直轄地となり、
明治4年の廃藩置県後に福島県に統合されています。

■関連記事■
千葉県我孫子市 布佐代官所陣屋跡
 常陸国、下総国、上総国、安房国の天領を支配した代官所跡。
新潟県阿賀野市 水原代官所
 天領水原を支配した代官所跡。
福井県越前市 本保陣屋跡
 越前国内天領を支配した代官所跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。