最後の仇討ち

日本最後の敵討ちのお話。

秋月藩士臼井亘理は、秋月藩兵と共に鳥羽伏見の戦いに従軍。
戦いが終わり、情勢が沈着した5月に秋月に帰郷します。
京都の状況を藩主に伝えたのち、自宅にて客を招いて酒宴を行ないます。

その夜、何者かが臼井家に押し入り、亘理と妻を殺害し3歳の娘も傷を負ってしまう。
臼井六郎は、幼く乳母と添い寝をしていたため難を逃れる。

下手人は、藩内の尊王攘夷派である干城隊士の仕業であることがわかった。

臼井亘理は、京都から帰郷後、藩主に対して開国論を力説。
尊王攘夷派が激怒し、殺害を決行したようです。
しかし藩は「干城隊は無罪、臼井家は減禄というに処す」という、
非常に理不尽な裁定を下しました。

減録され生活が厳しくなった臼井家で育った六郎は、
ある日、父の仇が干城隊の一瀬直久であると知る。

一瀬が明治4年に、一家で上京したことを聞き、遊学を口実にして上京。
親戚の紹介で、山岡鉄舟の内弟子として世話になり、撃剣を学びつつ時機を待った。

仇討の理由を書いた書面を肌身に付けて、何度も一瀬をねらうが失敗し、
明治13年12月17日、元藩主黒田長徳宅で碁を打つ一瀬の帰りを狙い殺害。
その足で自首し、裁判により終身禁獄の刑を宣告されますが、
その後の帝国憲法発布の恩赦で出獄。妻を貰い大正6年に死去。

これが、日本最後の敵討ちとなりました。

山岡鉄舟が間接的にも係っていたんですね。
鉄舟は事件について、「自分は人を殺す方法を教える剣客なので
六郎にも人を殺す方法を教えたが、法律を犯してまで誰かれを殺せとは教えていない

と語ったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。