福岡県朝倉市 古心寺(秋月藩黒田家墓所)

古心寺は、秋月藩黒田家の菩提寺。
秋月藩初代藩主黒田長興が、
父の菩提を弔うために建立されたもので、
廃藩置県後に黒田家の庇護を離れたために、
本堂を甘木の光照寺へ移し、山門を弥永の浄光寺に移して、
長政(長興とも)の数奇屋を本堂としています。


朝倉市秋月周辺(古心寺の場所)


古心寺山門」。
藩主家菩提寺にしては小さな山門。
元々の山門は、筑前町の浄光寺に移したとの事ですが、
移された山門も既に無いようです。

山門をくぐると小さなお堂があり、
その脇に臼井家の墓所がありました。

臼井六郎之墓」と「簡堂 清子墓」。
最後の敵討ち」で知られる臼井六郎の墓。
その隣は六郎の両親の墓で、
干城隊に殺された臼井亘理(簡堂)と清子の墓。

鳥羽伏見の戦い時に京都に出張していた父亘理は、
秋月に帰国して戦いの様子を藩主に報告。
自宅に客を呼んで酒宴を開いていましたが、
その夜、干城隊士らが乱入して亘理と妻清子を殺害。
一緒に寝ていた3歳のつゆも負傷しました。
六郎は乳母と添い寝をしており難を逃れますが、
この事件の犯人である干城隊士らは無罪。
逆に臼井家は減禄処分という、理不尽な裁定が成されます。

時が過ぎたある日、元干城隊士一瀬直久の弟が、
兄が伝家の名刀で亘理を斬った
と自慢していたと聞いて敵討ちを決意。
明治9年、上京している一瀬を追って東京へ出て、
山岡鉄舟宅の内弟子として世話になりながら、
撃剣を学んで時機を待ちます。
明治13年、一瀬が東京上等裁判所判事となったと聞き、
裁判所の門前で待ち伏せたが現れず。
仕方なく黒田家の家扶鵜沼不見人の宅を訪ねたところ、
客として一瀬が居ることを発見し、
一瀬が手紙を持って元藩主である黒田家に向かうのを追い、
黒田邸から出てきたところを襲い、
祖父から譲り受けた父の形見の短刀で本望を遂げました。


古心寺本堂」。
かつての本堂は、甘木の光照寺に移築されており、
長政若しくは長興が使用していた数奇屋(茶室)を、
本堂として利用していましたが、
老朽化と白蟻によって改築を余儀なくされ、
今は新しい本堂が建てられています。

本堂むかって左手側に進み、黒田家墓所へ。

熈緝」と扁額された門。


東陽院殿前甲斐太守五峰宗因大居士」。
初代藩主黒田長興の墓。
福岡藩初代藩主黒田長政の次男で、
長政の遺言により5万石が分与され、
秋月藩を立藩しました。
兄の福岡藩2代藩主黒田忠之との確執もありましたが、
福岡藩3代藩主黒田光之の代に宗家と和解しています。
また、島原の乱に出陣して戦功を挙げるなどしました。


太陽院殿前甲州刺史春窓宗華大居士」。
11代藩主黒田長義の墓。
10代藩主黒田長元の隠居により家督を継ぎますが、
16歳の若さで死去しています。


黒田長徳の墓」。
12代で最後の藩主黒田長徳の墓。
他の藩主や奥方の大きい墓に比べてかなり小さな墓石で、
初代長興の墓の真後ろにあります。
兄の急死により急遽家督を継いで12代藩主となりました。

藩主の墓所はよく整備されているようで、
雪で隠れているとはいえ、
しっかりと行き届いているのがわかります。
秋月藩黒田家の庇護を離れた後も、
藩主菩提寺としての役割をしっかり果たしているようですね。

■関連記事■
福岡県朝倉市 秋月陣屋跡
 秋月藩黒田家の陣屋跡。
福岡県京都郡 甲塚墓地(秋月藩士の墓)
 秋月の乱で戦死した旧秋月藩士らの合葬墓。
福岡県福岡市 福岡城跡
 宗家の福岡藩黒田家の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。