烈婦登波と吉田松陰

江戸時代は現代と違って、賞賛される事柄が違いますね。
現代では、人の役に立つ事をした人を賞賛することが多いと思います。
でも江戸時代では、とかを全うした人を賞賛する傾向があります。
忠臣蔵なんてその典型ですよね。
現代でも縁起が良い夢として「一富士、二鷹、三なすび」と云いますが、
実はこれ、それぞれ有名な敵討ちにちなんだものだったりします。


①「曾我兄弟の仇討」   ②「赤穂浪士の討入」  ③「伊賀越の仇討」

  ①「曾我兄弟の仇討」=富士の裾野で仇討
  ②「赤穂浪士の討入」=浅野家の家紋がの羽根
  ③「伊賀越の仇討」=なすびの生産地

当時は「仇討」が認められて、奉行所に届けて認められれば、
殺人にはならないという法がありました。
(もちろん色々な制約がありましたが・・・)

基本的には武士階級が仇討をするんですけど、
庶民ももちろん親兄弟を殺されたら、仇を討ちたいわけで、
場合によっては、許されたり、賞賛されることもあったようです。

長門国大津郡。現在の長門市周辺に、角山村という村がありました。
村にある山王社の宮番である幸吉の妻に、登波という女性がいました。
夫の幸吉には弟と妹がおり、妹の松は枯木龍之進という浪人の妻でしたが、
龍之進は無職の浪人で、色々な土地をほっつき歩くロクデナシでした。
文政四年、龍之進はふらりと帰ってきましたが、
待つ身の妻(幸吉の妹)からは、当然別れ話が出ます。
それに逆上した龍之進は、妻と舅、そして妻の兄の幸吉と弟の勇助を、
斬り捨てて逃げてしまいます。
登波はその場に居なかったので助かりますが、
舅と義妹、義弟は殺され、夫の幸吉は瀕死の重傷を負ってしまいます。

瀕死の夫を看病し、4年後やっと夫は回復しました。
これを期に登波は、舅と義妹、義弟の仇を討つため、
龍之進を探す旅に出ます。
15年間全国を探し回り、豊前で龍之進を発見します。
一度故郷に戻って奉行所へ仇を討ちたいと届けると、
役人は豊前まで行き、龍之進を捕縛します(殺人の下手人として)。
しかしこれまでと思ったのか、龍之進は隙を見て自害してしまいます。
役人は龍之進の首を持って帰り、登波に対面させました。
自らの手で仇を討つことはできませんでしたが、
間接的に仇を打つこととなり、事件発生後20年余りになる仇討に、
ピリオドが打たれることとなりました。

この一件を当時大津の代官であった周布政之助が、
天晴れであると賞賛し、後世に伝えるために石碑にしたいと考えました。
そこで、周布はその碑文の作成を吉田松陰に頼みます。
碑文は周布の立場で書かれており、
現代でいうところのゴーストライターみたいなものです。
代官の仕事が忙しいから、代わりに書いてと頼んだのか?
お前の方がナイスな文を書けるから、代わりに書いてと頼んだのか?
はたまた松陰の方から、書かせてくれと頼んだのか?
いずれにせよ、碑文は松陰の作によるものです。
残念なことに、それから周布は代官職を免ぜられて、
石碑の建立は立ち消えとなりました。

その後、松陰は登波に会いに行ったとも云われ、
その碑文を野山獄に入る際にも持っていき、
囚人に紹介したり、松下村塾でも塾生にも語って聞かせています。

この一件は長らく忘れ去られていましたが、
大正5年、桂弥一の進言に従って、
地元の名士中山太一の寄付によって滝部八幡宮境内に建碑されました。

■関連記事■
下関市豊北町滝部 滝部八幡宮
 滝部の生家跡に烈婦登波の碑が建てられています。
熊本県熊本市 桜山神社
 神風連の乱に参加した阿部景器の妻は、烈婦として称えられています。
北海道松前郡 松前護國神社
 松前藩の足軽美岐も、烈婦として称えられています。
小倉城下の烈婦 玉枝
 小倉城下にも烈婦と称えられた女性がいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。