小倉城下の烈婦 玉枝

小倉城自焼させ、田川に退いた小倉藩
長州藩兵が小倉城下に入ったのは次の日でした。

高杉晋作山縣狂介も小倉入りしますが、
白石正一郎も小倉に入っております。
白石が日記に記すところによると、小倉城下はもぬけの殻で、
盗人の類いがちらほら見える程度であったらしい。

長州兵が家老宅などを見分していると、
家老渋田見家において一人の女を見つけます。
女は薙刀を振るって長州兵に襲いかかりますが、
返り討ちにされて絶命。
女一人が屋敷に残って死守しようとしたという事実に、
長州藩兵は称賛したそうです。

さて、なぜ女が一人で家老宅を守っていたのか?
実はこういう話が伝わっています。

ここの主人渋田見新は、小倉藩三番手士大将として出陣。
残ったのは70歳近い先代当主と女子供だけでした。
小倉藩政府が小倉の自焼を決め、
城から火の手があがった直後、伝令が退去を伝えに来ます。

出陣している現当主の安否もわからぬので、
家族は残って待ちたいところでしたが、
退去の命令には従わねばなりません。
そこへ屋敷に奉公していた女中玉枝が進み出て、
自分がここに留まり当主の安否と、
屋敷の行く末を見届けたいと願い出ました。
この玉枝という女中は、渋田見家に幼少より奉公しており、
長きにわたって良くしてもらったから、
今こそその御恩を報じる時だと考え、
一人残る事にしたという。

長い黒髪を後ろに結び、奥方の着物を着せてもらい、
与えられた白柄の長刀を腰に差し、
白絹の鉢巻とタスキを締めて屋敷に籠城しました。

やがて長州藩兵5~6名が渋田見屋敷にやってきます。
玉枝は長州藩兵に向かい、
我こそは小笠原左京大夫の臣三番手士大将渋田見新の妻玉枝なり!
 主人の留守を預かれば我が命有る内は、
 汝等に踏入らす可きや尋常勝負あれ!

と叫び、長州藩兵に斬りかかりました。
一人を斬り倒しますが多勢に不勢、
銃で撃たれて首を斬られ絶命してしまいます。

妻と偽ったのは、女中一人を置いて逃げたとなれば、
家名に傷が付くということで、当主の妻を名乗り、
妻が留守を守っている事にしたのでしょう。


小倉藩士屋敷絵図」によると、渋田見屋敷は小倉城の南。
現在は北九州中央図書館があるあたりですね。

■関連記事■
北海道松前郡 松前護國神社
 松前の烈婦美岐の墓碑。
熊本県熊本市 桜山神社
 肥後の烈婦以幾の墓碑。
下関市豊北町滝部 滝部八幡宮
 烈婦登波の顕彰碑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。