北海道松前郡 松前護國神社

青森での長期出張中、現地休暇があったので、
松前に行ってみようと計画。
雪国は不慣れだったもので出張に行く前に、
松前観光協会にメールして、
色々と行き方等について訪ねていました。
計画としては、始発の新幹線木古内駅まで行き、
そこからバスに乗って9時台に到着。
色々観光して午後1時前のバスで木古内に帰って、
新幹線で新青森に帰るというもの。
これで無理はないか?現地の雪の状況はどうか?など、
色々と質問させてもらいました。

・・で、予定通り松前に到着し、
小雪がぱらつく中で松前城を訪問。
写真を撮っていると「○○(本名)さんですか?」と、
いきなり声を掛けられました。
「え?北海道に知り合いはいないぞ??」と思ったら、
観光協会の者です」との事。
質問した時には暖冬で雪は殆ど無いとの事でしたが、
当日の夜、大雪(なのかな?)が降ってしまった為、
心配してわざわざ僕を探してくれたようです。

質問の際、松前城の他に松前護國神社にも行きたいが、
歩いてどのくらい掛かるか?雪の状況は?
などと質問していたので、
夜の大雪を気にして僕を探していたとの事。
松前城を写真を撮ってる僕の姿を見て、
声を掛けてくれたようです。

車で案内をしてくれるとの事!なんという幸運でしょう!
実際、行くかどうしようか迷っていたところで、
松前城を一通り巡りながら、
どうしようか考えようと思ってたところでした。

松前護國神社へはGoogleMAPで徒歩30分との事。
行き帰りだけで1時間は掛ってしまいます。
実際に車で連れて行ってもらうと、
結構な坂で舗装されていない道でした。
歩いて行ってたら、途中で後悔していたところでしょう。


松前護國神社鳥居」。
松前藩は新政府側に与した為に旧幕府軍に攻撃され、
松前城、館城を奪われて弘前に撤退しています。
その後、箱館戦争の終結によって松前に戻ってきましたが、
戦闘によって戦死した藩兵および、
新政府軍諸藩兵神止山に埋葬し、
神止山招魂場として松前藩が祭事を執行。
明治9年、本殿が建てられて神止山招魂社となった後、
全国の招魂社が護國神社と改称された為、
福山護國神社となり、更に松前護國神社に改称しました。


長州藩等の諸藩戦死者の墓碑。
実は僕と同じ苗字の神霊がいたので、
観光協会の人は子孫かと思ったそうですが、
残念ながら全く縁もゆかりもありません。


民兵達の墓碑。
寒い土地では墓碑も痛みやすいようで、
名前の部分は削られたようになっていました。
観光協会の方に誰かに削られたのかと聞きましたが、
そういうわけではないようです。


松前藩士の墓碑。
諸藩兵は合葬ですが、
こちらは一人ひとりに墓碑があります。


烈婦川内美岐子之墓」。
松前藩の足軽北島幸次郎の妻美岐の墓碑と顕彰碑
積まれているのが顕彰碑で小さく折れているのが墓碑です。
土方歳三を総督とする旧幕府軍は松前城を攻撃し、
これを数時間で落としますが、その際に城に残った美岐は、
兵達が逃走する中、はさみで喉を突いて自害しました。
美岐のこの行動は烈婦として称えられ、
靖国神社にも合祀されています。


こちらも松前藩士達の墓碑。


松前護國神社 社殿」。
箱館戦争における2度の松前城攻防戦の官軍戦死者の他、
以降の事変による戦死者も合祀されているようです。


江差などの松前以外の戦闘で戦死した松前藩士の墓碑。
墓石は江差から持って来られたようです。

国の為に戦死した者達を皆で永久に祀る」という招魂場は、
高杉晋作が提唱したもの。
はるか南の山口県で発祥した招魂場というものが、
1000km以上も離れた北海道にも造られました。
松前護國神社は、松前という国を守る為に戦死した藩兵達と、
松前を奪還する為に戦死した藩兵及び諸藩兵を、
永久に祀る為の招魂社なのでしょう。

■関連記事■
北海道松前郡 松前城①/
 松前藩松前家の居城跡。旧幕府軍の攻撃により落城。
青森県弘前市 薬王院
 旧幕府軍によって追われた松前藩主一行が滞在。
北海道松前郡 松前藩主松前家墓所
 松前藩松前家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。