北海道松前郡 法幢寺(松前藩主松前家墓所)

松前城の北側は、非常時の外衛的役割の為、
寺を集中的に配置させた寺町となっています。
江戸時代初期より周辺の寺が移設され、
当時は15の寺があったようです。
しかし、松前城攻防戦における戦火と放火により、
その殆どが焼失してしまい、その後に移転した寺も多く、
現在はつの寺が残っています。


寺町」。
当時の寺町の道路は現在の半分ほどで、
あとの半分は堀であったという。


法幢寺」。
藩主家松前家の菩提寺
この寺も放火されて本堂は焼失していますが、
山門と藩主位牌を安置した御霊屋は焼失を免れて、
当時のまま残っています。

寺町の寺は防御のために配置したのでしょうが、
実際に攻められてみると、敵が隠れるのに絶好で、
進入を許さない為に燃やしてしまったのでしょう。
なんとも理不尽ですが、主力が館城へ移動しており、
寡兵で守る為には寺町側の防御は不可能。
焼失させて敵の侵入を防ごうと思ったのでしょう。


松前藩主松前家墓所」。
法幢寺の裏手・・というよりナナメ後ろにあり、
寺域的には法幢寺なのでしょうが、
隣の法源寺に近いようです。
参道は法幢寺と法源寺の間の道で、
裏門?は法幢寺と繋がっていました。


まずは屋形風覆屋に納められているのに驚きますが、
それよりもそのサイズ。とても藩主の墓とは思えません。
大大名から小大名まで色々な墓所を訪問していますが、
墓石のサイズは一番小さいのでは?
また、この墓所は藩主、正室、側室、子女まで、
分け隔てなく仲良く並んでいます。これも驚き。
藩主も側室も覆屋のサイズが一緒で並びもバラバラ。
文字通り家族といった感じです。


十七世 崇広 十三代藩主」。
幕末の藩主松前崇広の墓。
学識に優れ西洋通の優秀な藩主だったとされ、
彼の写真が残されていますが、
少々太めながら鋭い眼光と凛々しい顔つきで、
その優秀さが写真から想像できる。
外様大名ながら老中に就任し、
陸軍兼海軍総裁にも任命されています。
神戸開港を決定させた為に朝廷に睨まれ罷免され、
松前に帰国後に急な熱病を発して死去。
彼が幕政に参加せす藩政のみを行っていれば、
松前藩はもう少し面白かったかもしれません。


贈従四位館城主松前志摩守源朝臣徳廣之墓」。
十八世14代藩主松前徳広の墓。
前藩主崇広が急死した為、急遽藩主となりましたが、
心身共に薄弱で政務の出来る状態ではなかったとされます。
案の定、家臣らの政争は激化し、勤皇派は徳広を掌握し、
長く藩政を取り仕切っていた筆頭家老松前勘解由らを罷免。
新政府に恭順しますが、旧幕府軍の攻撃を受けて、
弘前に亡命する事となります。
徳広は弘前の薬王院で喀血し死去。
長勝寺に仮葬された後、
明治3年にここへ改葬されました。


松前修廣之墓 松前家一族之墓」。
最後の藩主松前修広と以後の一族の墓。
徳広の死去により家督を継いだ修広でしたが、
所領は旧幕府軍に奪われていました。
翌年に新政府に協力し、松前を奪還して旧領を回復しますが、
廃藩置県によって松前藩は消滅。
東京へ移り住みますが、生活に困窮していたのか、
証券印紙税則違反で逮捕されて罰金刑となっています。

松前家墓所は最北端の藩主家墓所。
その極寒の大地にある一族の墓所は、
藩主、正室、側室、子女が寄り添うように並ぶ、
一家族の墓所のようでした。

■関連記事■
青森県弘前市 薬王院
 旧幕府軍によって追われた松前藩主一行が滞在。
青森県弘前市 長勝寺
 弘前で14代藩主松前徳広は死去。遺骸は一時長勝寺に埋葬。
北海道松前郡 松前城①/
 松前藩松前家の居城跡。旧幕府軍の攻撃により落城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。