千葉県香取郡 多胡陣屋跡

多胡藩久松松平家が治めた譜代藩。

久松松平家は、徳川家康生母於大の方が、
久松俊勝の後妻となり、康元康俊定勝を生み、
後に家康から松平姓を与えられた家系。
康元の系譜は、一時5万石の大名にもなっていますが、
無嫡によって断絶。再興後は旗本として続いています。
三男定勝の系譜は順調に昇進して、
最終的には桑名藩11万石となりました。

多胡藩の藩主家である次男康俊の系譜は、
下総国多古周辺8千石を領する旗本でしたが、
4代松平勝以が加増されて1万2千石の大名となり、
多胡藩が立藩されています。


多古町立多古第一小学校(多胡陣屋跡)」。
多胡藩の藩庁である多胡陣屋跡は、
現在多古第一小学校の敷地となっています。


校門両脇に現存する石垣
数少ない陣屋の遺構です。


小学校の第一グランドにある石垣。
その他、土塁も残されているようですが、
生憎の雨だったので、石垣を確認して退散。
石碑もありますが、調べると初代校長の顕彰碑でした。

多胡藩は立藩時1万2千石でしたが、
幕府より預かる罪人神代徳次郎を逃亡させてしまい、
藩主松平勝行は閉門、家老は切腹、
2千石の厳封処分を受けています。
※神代は長崎の唐大通事で、賄賂の嫌疑で逮捕。
 同年、逃亡した神代は京都で捕縛され、

 翌年に勝行の閉門は解かれます。
その後、勝行は大坂加番二条城定番を歴任し、
元治元年には、九十九里浜の攘夷組織真忠組を鎮圧。
慶応3年には日光奉行に就任していますが、
鳥羽伏見の戦い旧幕府軍が敗れると新政府に恭順し、
松平姓を捨てて久松姓に戻しました。

【多胡藩】
藩庁:多胡陣屋
藩主家:康俊流久松松平家
分類:1万2000石、譜代大名

■関連記事■
三重県桑名市 桑名城跡
 同族である桑名藩久松松平家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。