下関市清末 清末藩

長州藩は現在の山口県がほぼそのまま領地だと云われています。
ですが、正確に言うと、長州の支藩孫藩の領地を含めています。

  下関市の長府藩と清末藩。
  周南市周辺の徳山藩。
  岩国市周辺の岩国藩。

幕長戦争に勝利した要因の一つに、本藩、支藩、孫藩が、
一致団結して事にあたった事が挙げられますね。

今回紹介する清末藩は、1万石の小藩ながら、
宗家である長州藩を補佐し、8代藩主毛利元純は、
石州口の指揮官として大村益次郎と共に、
石州戦争に勝利しています。

清末藩は、長府藩から1万石の分知を受けて立藩した長州藩から見れば、
孫藩に当たります。孫藩という言葉は清末藩独自のもののようです。
陣屋跡は現在東部中学校となっています。

清末にある孝行塚。おもしろいのは、孝行者であったというだけで、
碑が建っているという事。他になにかあったわけではありません。
碑文の概要は、
  「政(まさ)は清末の角屋助三郎の娘として生まれましたが、
  幼くして父を失い、長く母だけと暮らしていた。
  非常に孝行で、結婚してからも母にも夫にもよく仕えたので、
  殿様から度々褒められていた。
  明治4年5月1日、46歳で病死。
  その生前の行為をたたえる者が多く、募金してこの碑を
  建てたのである。これで政の孝行が忘れられなくなる。

これだけ・・・。
孝行であっただけで石碑が建つってどんだけ凄い孝行者だったんでしょ?
たぶん人柄も良かったんでしょうね。
ここで見るべきは、「殿様から度々褒められていた」という事。
当時の殿様といえば、8代藩主毛利元純のはず。
小藩とはいえ毛利家の殿様が、町人レベルの孝行を褒めるという事実。
なかなかの仁君ではないでしょうか?

清末八幡宮。清末藩の守護神です。
安政4年に毛利元純によって現在の社域に整えられています。
珍しいのは瓦が石州瓦なところ。山陰ではよく見かける色の瓦ですが、
なんで石州瓦なんでしょうね。
毛利元純が石州口の指揮官であった事と関係があるのでしょうか??
もしかして戦利品??

隣接する清末護国神社
元々は歴代藩主を祀った神社で、清栄神社と称されていましたが、
昭和30年に清末地区の戦没者を合杷して、護国神社に改称されました。
招魂社から護国神社になる県内のパターンとは違いますね。
ここも石州瓦でした。

境内の前は、清末公園となっています。
山であった場所を平地にならして、練兵場として使用した場所です。
清末藩は育英隊を結成して、石州戦争を戦い、
戦後は浜田藩領に駐屯しています。

少し廻って見えてきたのが、8代藩主毛利元純の事。
庶民の孝行にまで目が届いていた件。
神社仏閣などを整備していた件。
また「清末の本読み」と言われるほど学問を奨励していたようです。
小藩ながら名君であったのかもしれませんね。

■関連記事■
下関市清末 清末藩陣屋跡(再訪)
 再訪した時の記事。
下関市清末千房 清末陣屋長屋門
 移築現存する長屋門。
下関市長府 長府陣屋跡
 清末藩は長府藩の支藩です。
下関市清末 村上倫と孝女政の碑
 清末の山陽道沿いに建てられている碑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。