下関市清末 村上倫と孝女政の碑

清末藩はわずか1万石の小藩ながら、
長州藩の支藩(正確には孫藩)として、
本藩家老並みの貢献をしています。

清末藩士達も藩主を助け、七卿落ち内訌戦幕長戦争に活躍。
村上倫もその一人で、冷静沈着知略ありと称され、
藩より選抜されて宗藩の明倫館に留学した秀才でした。
攘夷決行に際して光明寺党に参加し、前田砲台の建設にも従事し、
長州内訌戦対馬藩の内訌で調停役にもなりました。
維新後は、藩校育英館の塾頭として子弟教育に従事しています。

死後に彼の功績が認められ、従五位が追贈。
これを記念して碑が建てられました。

贈従五位村上倫」の碑。
清末八幡宮下の山陽道沿いに碑があります。
場所は清末中町1丁目4
「贈従五位村上倫」としか書かれていないので招魂墓の様。

そこから山陽道を北にちょっと進むと、
道しるべの様な小さな碑がありました。

孝女政宅跡」。
孝女政は、母や夫によく仕えて殿様から褒められたという女性。
孝行塚」(記事はこちら)という碑にもなっています。
孝行だけで碑になるとはすごい事ですが、
町人の孝行にまで目が及ぶ殿様毛利元純もすごいと思います。

■関連記事■
下関市清末 清末藩陣屋跡(再訪)
 再訪した時の記事。
下関市清末千房 清末陣屋長屋門
 移築現存する長屋門。
下関市長府 長府陣屋跡
 清末藩は長府藩の支藩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。