幕末三剣士」タグアーカイブ

福岡県築上郡 天仲寺公園(島田虎之助修練の地)

男谷精一郎大石進と並び天保三剣士と云われた島田虎之助
勝海舟の剣の師としても知られ、
下関にも縁のある(記事はこちらこちら)人物です。

中津藩士島田市郎右衛門の子として生まれ、
中津藩剣術師範堀一刀斎続きを読む

福岡県大牟田市 早馬神社

幕末三剣士(天保三剣士)の一人である大石進は、
柳河藩大石太郎兵衛の長男として生まれ、
新陰流剣術及び大島流槍術剣槍術を父に学びます。
大石家は祖父の代より、柳河藩の剣槍術師範役及び、
柳河藩の同族である三池藩の剣槍術師範役で、
その為に交際費がかさんで苦しい生活を強いられ、
進は田畑を耕して家計を補ったそうです。… 続きを読む

島田虎之助の追剥ぎ退治

北浦街道の小串-湯玉間に犬鳴岬と呼ばれる岬があります。
※よく犬鳴峠(いぬなきとうげ)と勘違いされるのですが、
 」の方は福岡の最怖心霊スポット
 「」の方は「いんなきはな(ばな)」と読みます。
 犬鳴峠は全国的にも超有名な心霊スポットなのですが、
 犬鳴岬の方は、下関でもそんなに知名度は高くない場所。

 「峠」には旧犬鳴トンネルがあり、魔界に通じているとか、続きを読む

下関市横野町 横野八幡宮と島田虎之助

幕末の三剣士といえば、
男谷精一郎島田虎之助大石進の三人ですが、
幕末とはいえ、三人が活躍したのは天保期です。
※天保の三剣士とも呼ばれます。

この中の一人である島田虎之助が、
若い頃に下関で道場を開いていた事は、
あまり知られていません。

虎之助は、中津藩士島田市郎右衛門の末子として生まれ、
母の兄である人吉藩士宮原兵衛之助続きを読む