飛地」タグアーカイブ

岐阜県岐阜市 磐城平藩飛地切通陣屋跡

磐城平藩安藤家飛地として美濃に1万8000石を領し、
これを管理する為に切通出張陣屋を設けています。
切通は古来より交通の要路でしたが、
中山道が開通されてからは立場(休憩所)となり、
茶屋菓子屋、… 続きを読む

福島県伊達市 下手渡陣屋跡

柳河藩初代藩主立花宗茂の実弟立花直次は、
関ケ原の戦いで西軍でだった為、
兄の宗茂と共に改易されますが、
後に2代将軍徳川秀忠に召し抱えられ、
常陸国筑波郡柿岡5000石の旗本となりました。

直次の次代立花種次の代に5千石加増のうえ、… 続きを読む

福島県いわき市 薬王寺

磐城平藩兵に包囲された神谷陣屋笠間藩士らは、
神谷陣屋を放棄して四倉にある薬王寺に向かいます。


いわき市四倉町周辺(薬王寺の場所)

笠間藩飛地領内であった薬王寺は、
笠間藩の庇護を受け発展し、
最盛期には50を超える堂宇があったという。


薬王寺」。
磐城三薬師のひとつ。
同じく磐城三薬師の八茎寺続きを読む

福島県いわき市 笠間藩飛地神谷陣屋跡

磐城平にほど近い神谷に、笠間藩飛地がありました。
笠間藩は飛地の出張所として神谷陣屋を設けています。

幕末の笠間藩8代藩主牧野貞直は、
鳥羽伏見の戦い時の大阪城代でしたが、
徳川慶喜が敵前逃亡すると、貞直も陸路で江戸に帰還。… 続きを読む