飛地」タグアーカイブ

福島県白河市 高田藩飛地釜子陣屋跡

越後高田藩榊原家15万石のうち、
本領高田の石高は約6万石であったようで、
残りの9万石は飛地の奥州浅川領でした。
この為に藩財政は困窮していましたが、
名君とされる3代藩主榊原政令の時代に、
飛地5万余石の領地替えが行われて、
本領隣接地に移されています。
そうした事から浅川にあった飛地陣屋が、
釜子に移されて釜子陣屋が建てられ、… 続きを読む

福井県丹生郡越前町 西尾藩飛地天王陣屋跡

明和元年(1764)、山形藩藩主松平乗祐大坂城代に就任。
山形藩と同じ6万石で西尾藩に転封となっていますが、
西尾とその周辺には2万7千石しかなく、
その不足分は越前国天領72ヶ村で補われました。

この飛地を統治支配する為に、
天王村続きを読む

岐阜県岐阜市 磐城平藩飛地切通陣屋跡

磐城平藩安藤家飛地として美濃に1万8000石を領し、
これを管理する為に切通出張陣屋を設けています。
切通は古来より交通の要路でしたが、
中山道が開通されてからは立場(休憩所)となり、
茶屋菓子屋、… 続きを読む

福島県伊達市 下手渡陣屋跡

柳河藩初代藩主立花宗茂の実弟立花直次は、
関ケ原の戦いで西軍でだった為、
兄の宗茂と共に改易されますが、
後に2代将軍徳川秀忠に召し抱えられ、
常陸国筑波郡柿岡5000石の旗本となりました。

直次の次代立花種次の代に5千石加増のうえ、… 続きを読む