福岡県北九州市 宗玄寺/小笠原家老家墓所

小倉にある曹洞宗の寺院宗玄寺は、
元々小笠原宗家初代小笠原秀政により、
信濃国松本に創建した寺院。
※始め臨済寺と称していましたが、
 秀政の死後に宗玄寺に改めています。

小笠原家の小倉藩転封に伴ない、
小倉城下の馬借に移されました。
その地は小倉藩の細川家時代に、
藩主家菩提寺の泰勝院があった場所で、
細川家の熊本移封に伴い移転した為、
その場所に宗玄寺が入ったようです。

以後は藩の庇護を受けて隆盛しますが、
慶応2年の小倉戦争の際に、
幕府軍本陣となった為に戦火で焼失。
明治4年に再建されますが、
後に空襲によって焼失してしまい、
昭和51年に現在地へ移転しました。


山門」。
広々とした空地(?)の奥にある立派な山門
両側に木造の仁王像が置かれ、
門扉には三階菱があしらわれています。
※小笠原家の家紋。


山門をくぐると現れる立派な鐘楼(?)。
境内のど真ん中にあります。


本堂」。
本堂は昭和51年築と思われます。
14世住職仏海和尚は書に優れ、
開善寺の名僧蘭山と共に、
徳は蘭山、書は仏海」と、
称された名僧とのこと。


小笠原家老家墓碑群」。
壁沿いに並ぶ五輪塔笠塔婆型の墓碑群。
小倉藩家老の墓らしいのですが、
その個人が特定できたのは、
小笠原主水小笠原齋宮源長亨の2名で、
その他はわかりませんでした。
小倉藩の小笠原家一門は、
御名字之族御名字分流があったようで、
幕末期の小倉藩の家老には、
小笠原織衛小笠原若狭小笠原甲斐
小笠原内匠の4名がいたようです。
ここにある墓碑群がどの家系のものか、
資料がなくてわかりません。
但し上記の小笠原主水という人物は、
宗家初代小笠原秀政の家老だったようで、
礼書七冊を伝授された人物らしい。
秀政が妻の死を悲しんで隠居した際も、
共に出家する程親密な関係だったとのこと。
小笠原長亨という人物はよくわかりません。
小倉藩家老の家系図を調べてみなければ。

■関連記事■
福岡県北九州市 福聚寺/小倉藩小笠原家墓所
 小倉藩小笠原宗家の墓所。
福岡県北九州市 開善寺/千束藩小笠原家墓所
 開善寺は宗玄寺の近くにあったようです。
福岡県北九州市 小倉宮本家墓所
 小倉藩筆頭家老宮本家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です