福岡県北九州市 開善寺(千束藩小笠原家墓所)

開善寺小笠原貞宗信濃に中興した寺で、
元々は鎌倉時代後期に四条頼基が創建したもの。
後に府中小笠原宗家小倉藩に入封すると、
城下に信濃の開善寺と同名の寺が創建されます。
以後、藩重臣達の菩提寺として城下で栄え、
小倉戦争では小笠原長行が本営としました。
昭和36年に市街の開発に伴って現在地に移転。
現在に至っています。


本堂」。
足立山の西麓に移転した開善寺本堂は、
鉄筋コンクリート製。
空襲の被害に遭っているでしょうから、
貴重な建築物は無かったと思われます。


開善寺墓地」。
本堂よりさらに登った先にある墓地。
車で行ける道ではありますが、
かなり狭い道でしたので歩いて登りました。
※地元の人や檀家さんは車で行くと思います。

墓地には新しい墓の交じり、
武家の古い墓も多くみられました。

澁田見舎人家の墓所」。
小倉藩の中老家澁田見舎人家の墓所。
渋田見家は信濃の国人仁科氏の支族で、
小倉藩では仁科本流として遇されました。
幕末の当主澁田見新の墓は見当たりません。
※渋田見新は小倉藩三番手大将。


小宮家の墓所」。
こちらも小倉藩中老家の小宮家墓所。
幕末小倉藩を牽引した小宮民部の墓もあります。


只樂院仁山義鐵居士」。
小宮民部親懷の墓。
小宮は小倉藩士秋山光芳の二男に生まれ、
中老小宮親泰の養子となります。
嘉永6年より家老に就任して藩政に尽くし、
藩主小笠原忠幹の信任が厚かったようで、
加増と共に民部の名を賜りました。
忠幹が小倉戦争中に死去してしまった為、
これを秘匿しており、長州勢が小倉城に迫ると、
籠城は不利として小倉城を自焼させていますが、
その責任をとって隠居後に自刃してます。

この他、小笠原内匠家原家犬甘家など、
小倉藩重臣の墓も多くありました。

さて本題の千束藩藩主の墓所。
正確には千束藩は江戸期には小倉新田藩で、
千束に藩庁を置いて千束藩となったのは、
維新後の明治2年の事です。
ここにある墓は初代小笠原眞方のみですので、
千束藩というより小倉新田藩主の墓所。

慈済院殿備州刺史智觀慧公大居士之墖
小倉新田藩初代小笠原眞方の墓。
小倉藩主初代小笠原忠真の四男として生まれ、
跡を継いだ兄小笠原忠雄より1万石を分与され、
新田藩主となって諸候に列しました。
この小倉新田藩ですが江戸時代初期に立藩し、
領地が特定されていない蔵米支給のはずですが、
何故か参勤交代を行っていたようです。
しかし眞方は参勤を終えて小倉への帰路の際、
大坂より海路を進み明石海峡で難風に遭遇し、
船は小豆島まで流されて坂手浦蛭児岩で沈没。
この事故で100人余りが犠牲になりました。
坂手浦に次々と遺体が流れ着いて、
その中には眞方のものもあったという。
これらの遺体は小倉に送られて荼毘に付され、
葬儀の後に眞方は開善寺に葬られています。
墓は寺が移転した際に改葬されたもので、
眞方以外の藩主の墓はありません。
その後、小倉新田藩は定府となっており、
歴代藩主は江戸の海善寺に埋葬されています。

■関連記事■
福岡県豊前市 千束陣屋跡
 明治2年に千束に建てられた藩庁跡。
福岡県北九州市 福聚寺(小倉藩小笠原家墓所)
 宗家小倉藩小笠原家の歴代墓所。
福岡県北九州市 小倉城
 小倉藩小笠原家の居城跡。