萩市 楫取素彦旧宅&山田顕義誕生地

「花燃ゆ」で活躍中の小田村伊之助
維新後は楫取素彦と名前を改めております。
その楫取素彦の旧宅跡に行ってみました。

石碑に足を掛けていますが、若干1歳児ですのでお許しください。
ここは時期は明らかではないそうですが、
楫取素彦の旧宅があった場所だそうです。
「時期が明らかではない」って、大まかにもわからないのでしょうかね?
ここに寿と暮らしていたのか?それとも文と暮らしていたのか?
もともとの松島の家なのか?小田村の家なのか?
それとも新しく楫取と称した時なのか?

大河ドラマ効果で綺麗に整備され、東屋まで建てられています。
略歴や周辺地図などが描かれていました。

楫取素彦旧宅跡の近くには、山田顕義誕生地があります。

山田顕義は幕末ファンからは山田市之允として知られ、
箱館戦争の立役者としても有名です。
また、山田顕義といえば日本大学國學院大学の創始者としても有名です。

誕生地は「顕義園」として整備され、銅像もあります。
園内は日大卒業生らの植樹がいたるところにありました。
やはり、大学を造った人は違いますね。

銅像ってのは古びて初めて威厳が出ますね。
彼は、高杉晋作が丙寅丸に乗って大島沖の幕府艦隊に奇襲攻撃した際、
砲隊長として参加しています。
晋作や大村益次郎の下で経験を積み、
小ナポレオン」と呼ばれるほどの軍人としての才能を開花させています。
天才的な晋作と、理論的な大村の下で働けたことは、
彼のその後に大きく役に立ったのでしょうね。

■関連記事■
長門市 桜楓山荘跡
 楫取素彦が一時隠居していた場所。
防府市桑山 防府紀行②
 楫取素彦夫妻の墓所は防府市の桑山。
「五稜郭を落した男」秋山香乃
 山田顕義を主人公とした秋山香乃の小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。