「五稜郭を落した男」秋山香乃

連戦連勝の指揮官であった山田顕義
彼が山田市之允と呼ばれていた頃のお話です。
物語は、吉田松陰久坂玄瑞高杉晋作という長州のスターとも言える人物を軸に、
松下村塾の若輩者の山田市之允の戦いを描きます。

秋山香乃は初めて読みました。
どちらかというと、新撰組関連の作品を多く書かれているようですね。
この作品の高杉晋作はかっこいいですね~。
まあ、高杉晋作はどの作品でもかっこよく描かれているんですが・・。

でも。少し違和感・・。
松下村塾の門下生が、皆呼び捨てで名前を呼び合います。
実際の話、どう呼び合っていたかなんて、わからないんですが、
山田や山縣なども晋作のことを「高杉」と呼び捨て・・・。

確かに、維新後まで生き残っていた連中は、回顧録などで「高杉」と呼び捨てにしています。
でも、それは彼らが偉くなったからなんじゃないのかな?
本人に「高杉!」って面と向かっていえたのかなぁ?
富永有隣なんかも松陰の死後は、「寅次郎」と松陰のことを呼び捨てしてますし、
自分を大きく見せようと死んだ偉大な人物を呼び捨てにするんじゃないのかと思いますが・・。

まあ、ほんとになんて呼び合ってたかなんてわからないんですけど、
僕の松下村塾イメージは、
高杉→松蔭以外はすべて呼び捨て。
久坂ら他の高弟→○○君と呼び合う。
山田や山県、伊藤ら→高杉さんと敬って呼ぶ。

まあ僕の勝手なイメージですけど・・。

それはそれとして、それ以外は面白かったですよ。

■関連記事■
萩市 楫取素彦旧宅&山田顕義誕生地
 山田顕義の誕生地 。
日テレ年末時代劇スペシャル「五稜郭」
 箱館戦争を舞台にした時代劇ドラマ。
防府市 桑山招魂場
 山田が参加した御楯隊や整武隊の招魂場があります 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。