日テレ年末時代劇スペシャル「五稜郭」

当ブログでは、再三日テレ 年末時代劇スペシャルを、
他の幕末ドラマ等と比較していますが、
これは僕が小中学生時代にリアルタイムで観たもので、
幕末史に興味を持つきっかけとなったドラマでした。

そういう背景もありますので、
僕の中で美化されているフシもあるかもと、
もう一度観直して見て、
年末時代劇スペシャルを振り返ってみたいと思います。
実際には全9作中で、前半の6作品しか観ていませんが、
※これは当時僕が色気付いてきて、
 時代劇に興味が無くなったため。

7作以降は幕末からはずれていますので、
観る必要もないかなと・・。
※第1作目の「忠臣蔵」も幕末ではありませんが・・。

まず今回は第四弾である「五稜郭」。
これは僕が観た6作品の中で一番好きな作品です。

主人公は榎本武揚
開陽丸とともにオランダ留学から帰って来ますが、
幕府は長州征伐に失敗して風前の灯状態。
勝海舟はすでに幕府に見切りを付けており、
その幕引きを模索していますが、
榎本は幕府主導での道を目指します。
時代は鳥羽伏見江戸城無血開城上野戦争と流れ、
榎本は旧幕府艦隊とともに蝦夷を新天地と定め、
蝦夷に蝦夷共和国を立国します。
明治新政府はそれを許さず、箱館戦争が勃発。
激戦の末、本拠地の五稜郭を包囲されて降伏しました。

榎本武揚は第一弾より主演を務める里見幸太郎
大石内蔵助西郷頼母西郷隆盛と演じています。
時代劇俳優だけに着物のイメージが強いのですが、
軍服もなかなか。僕はこの榎本武揚が一番好きです。

ナレーションは、鈴木瑞穂
これも年末時代劇スペシャルを名作にした理由のひとつ。
声ももちろん素晴らしいのですが、
ナレーションの挿入の仕方が非常に良く、
解説やその後を的確な場面に上手に入れて涙腺を刺激します。

ひとつ例に挙げると伊庭八郎の自害のシーン。
※史実とは違います。
フランス仕官カズヌーブが伊庭に本人の錦絵を見せ、
その錦絵の題材となった伊庭の奮戦を語り、
伊庭を介錯したカズヌーブが途方に暮れて歩いている場面に、
箱館戦争後のカズヌーブの解説を挿入しています。
こういう感じでナレーションが使われているのも、
この魅力のひとつですね。

脇を固める俳優陣は豪華ですが、そのキャステイングは見事。
主演の里美をはじめ、多くの俳優が連続して出演しており、
それぞれの作品でそれぞれの役をこなしています。
また、同じ役者が同じ配役というパターンも多く、
夏八木勲近藤勇石田信之徳川慶喜は、
一昨年の「白虎隊」と同じ配役で、
視聴者にもシリーズを連想させて、
その時系列を想像しやすくしています。

主題歌は前作まで堀内孝雄が担当していましたが、
「五稜郭」ではさだまさしが担当しました。
堀内孝雄の主題歌も年末時代劇スペシャルの顔で、
忠臣蔵」の「憧れ遊び」の出だし
♪君を花に例えたら笑うだろうか~の「君」は、
実際は女性に対しての歌詞なのですが、
大石内蔵助の事のように錯覚します。
白虎隊」の「愛しき日々」は大ヒット作品。
サビの♪もう少し時か~が挿入されたシーンは、
涙腺緩んで仕方ありませんでした。
田原坂」の「遥かな轍」も実ににぴったりの曲で、
♪こうとしか生きようのない人生がある~
というサビの歌詞には胸が熱くなったものです。

こういう名曲を連発した堀内孝雄を、
あえて変えた事に不安はありましたが、
さすが現代の吟遊詩人さだまさし。
最高の曲を作ってくれました。
夢の吹く頃」はまさに「五稜郭」の為の歌で、
♪時を越えて生き続けて今枯れかけた大きな木~
はまさに幕府そのもの。
それに♪けれどもその枝先に今年も若葉が生まれてる~
と続き、まさに榎本ら幕臣や諸藩士達の事で、
サビの♪夢は吹き 夢は散り 夢が舞い 夢が逝く~
と、時代に翻弄される様子が目に浮かび、
♪いつか夢がきっと夢がそこに吹いてくるから~
と、逆境に立ち向かい、一筋の希望に向かうように続きます。
僕はこの曲が大好きで、カラオケに行ったら必ず歌いますね。

物語の最重要人物としてはやはり土方歳三
土方歳三役は渡哲也
これほど悲哀感のある土方歳三は他にいるでしょうか?
刑事ヤクザ役のイメージがあった渡哲也の土方は斬新。
また、伊庭八郎に館ひろしを持ってきたのも悪くない。
一筋の希望にすがる榎本に対して、土方は自らの死地を求める。
この対照的な2面性が、実に見事に絡み合っており、
物語に重厚感を与えてくれました。

土方メインで描けば榎本は、
命が惜しくなって降伏した者の代表として、
榎本メインで描けば土方は、
時代に取り残された者の代表として描かれますが、
両者がそれぞれの立場と信念を持って描かれていますので、
どちらにも共感することができます。
もちろん敵方の政府軍も魅力的であり、
悪の組織としては描かれていません。
薩摩長州の確執もちゃんと描かれていました。

総じていうならば出てくる人物群がしっかり生きており、
それぞれがちゃんと思考を持った人間と感じられる。
当たり前のようですが、
それを表現するのはなかなか難しものです。

製作費約10億円
本編4時間50分という大作だからできる事かもしれません。
TV局の力の入れようも今とは比べものにならないでしょう。

僕の中で美化されているかと思いきや、
今見ても全く色あせる事のない名作でした。
こういう作品がこれから出来るとは思えませんが、
いつの日かそういう作品が出来る時代が来れば良いなと思います。

■関連記事■
日テレ年末時代劇スペシャル「白虎隊」
 年末時代劇スペシャル第2弾。
「五稜郭を落した男」秋山香乃
 連戦連勝の指揮官山田顕義の若き日を描いた小説。
東京都日野市 石田寺(土方歳三墓所)
 日野にある土方歳三の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。