日テレ年末時代劇スペシャル「白虎隊」

年末時代劇スペシャル最高の視聴率を誇る「白虎隊」。
59.4%だった昭和61年の紅白歌合戦の裏番組ながら、
17.2%という高視聴率を挙げた作品です。
当時よりすでに時代劇は古臭いものだと思われ、
中でも幕末モノは受けないとされていましたが、
その定説を見事に覆します。

内孝雄による主題歌「愛しき日々」も大ヒット。
堀内を、アリスでのフォークシンガーのイメージから、
演歌歌手としてのイメージに移行させた名曲となりました。

主演は森繁久弥。会津藩士井上丘隅を演じています。
この作品は誰が主役かといわれると、誰だろうって感じ。
他の作品はやはり里見幸太郎がメインなのですが、
この「白虎隊」では脇役です。
でも森繁が主役かといわれれば、微妙な気がします。
・・まあ、他と比べて確かに森繁の出番は多いですけどね。

この井上丘隅は森繁の容姿どおりの爺さんで、
会津藩京都へ出兵する際にもお留守番なのですが、
史実では京都に随行し、鳥羽伏見の戦いにも参加。
会津戦争で自刃しているのですが、
このドラマでは最後まで生き残ります。
他の登場人物も死因死亡時期も結構違いました。
このように史実とは異なる設定もされています。

しかしながら松平容保京都守護職拝命よりの京の情勢が、
流れるようにドラマチックに語られて(会津目線ですが)、
松平容保の「時の流れがあまりに早すぎる・・」は、
このドラマを象徴しています。

幕末史というものが、今より知られていない時期ですので、
相当考証も甘いものですが、
ちゃんと山本八重川崎尚之助も登場します。

このドラマが成功した理由は、
12月30日放送の第一部の出来。
しっかりと幕末会津史を説明することによって、
続きが気になるように面白く作られていました。

第一部の最後の最後。
会津藩が京都で散々な目にあった後、
少年らが元気に登場しますが、鈴木瑞穂のナレーションで、
この少年たちが全員壮絶な自刃と遂げるのは、
 半年後の事になる・・
と第一部が締めくくられる訳です。
視聴者は続きが気になるはずですね。
彼のナレーションで脇役達のその後を語るスタイルは、
この「白虎隊」でも使われています。

ドラマチックな物語を作るため、
許される程度の史実変更をあえて行っていますが、
幕末ファンを増やした事はこの「白虎隊」の功績です。

今回、「五稜郭」に続いて「白虎隊」を見直したわけですが、
比べてみれば当たり前ですが少し作りが甘い気がします。
しかし、初見ではありませんので感動はしませんが、
冷静に観てみれば視聴者を引き付けるような演出が多用されており、
当時、無知識で観て感動した人は多かったと思いますね。
この作品が未だにネットで話題になっているのには、
そういった理由があるのですね。

■関連記事■
白虎隊 敗れざる者たち
 テレ東の新春ドラマ。やはり見劣りしますね。
日テレ年末時代劇スペシャル「五稜郭」
 個人的にはこの作品が一番好き。
八重の桜 総評
 中盤クライマックスで会津戦争が描かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。