下関市上新地町 桜と桜山神社

全国の招魂社や護国神社の
指導者から小者にいたるまで等しく祀る」という考え方は、
高杉晋作の発案で造られたこの桜山神社(桜山招魂場)が大元です。

招魂場となってから桜を植えたことから、
桜山と呼ばれるようになりました。

・・・ということで、桜の季節に言ってみました。

参道の階段の両脇は、桜が満開です。


たまたま行った日は「春季大祭 さくら祭」を開催していました。


社殿内の左手には高杉晋作の木像があります。
お爺さんみたいな顔つきをしています。


社殿内の左手には吉田松陰の像があります。
こっちはすごい形相です。


社殿の脇では催し物をやってまして、
剣舞やコンサートをしていました。
写真は内田祥文さんで、高杉晋作を題材にした曲を歌っている方です。
実はまん前で聞いていたんですが、みよちゃんが眠たくなったようで、
泣かれると迷惑なんで、途中退席しちゃいました。
最後まで聞きたかったんですが残念です。

もちろん招魂場の桜も満開です。
靖国神社や護国神社に桜が植えられているのは、
桜山神社の影響でしょうね。

■関連記事■
下関市上新地町 桜山神社で色々聞いてきた
 神職さんに色々と聞いてきました。
下関市上新地町 桜山神社/招魂場
 初の桜山神社の記事。
招魂場について
 招魂場、招魂社、護国神社について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。