兵庫県小野市 小野陣屋跡

豊臣秀吉黄衣母衆であった一柳直末は、
各地を転戦して武功を挙げ、
田中吉政中村一氏堀尾吉晴山内一豊らと共に、
豊臣秀次の宿老に任命されていましたが、
小田原征伐の際に流れ弾を受けて戦死。
一柳家は弟の一柳直盛が相続しました。

関ヶ原の戦いでは、東軍として岐阜城攻めに参戦し、
伊勢に5万石を与えられて神戸藩を立藩。
その後、伊予に加増転封となりますが、
直盛が入封途中の大坂で病死してしまい、
遺領は嫡男一柳直重が3万石を相続し、
次男一柳直家に2万3千石、三男一柳直頼に1万石が与えられ、
宗家の他に2家の一柳大名家が誕生しています。
西條藩一柳宗家は、直重の子一柳直興が職務怠慢で改易。

小野藩は直家の系譜で、伊予川之江に藩庁を置きましたが、
参勤の際の便を考慮してか、飛地の加東郡小野に移り、
小野の代官所を増築して藩庁としました。

しかし直家には継嗣なく臨終の為に、
園部藩主小出吉親の次男一柳直次を婿養子に迎え、
幕府に届けられましたが、当時は末期養子が認められず、
伊予の本領を没収されています。
直次は飛地の加東郡小野の1万石のみ相続が許され、
以後は1万石のまま続いて廃藩置県を迎えました。


小野市立小野小学校」。
小野陣屋跡は現在、小野市立小野小学校の敷地となっています。
建屋が建てられていたのは運動場で、
校舎のあるあたりは、藩士の居住区でした。


一柳家陣屋遺跡」碑。
小学校正門脇に建てられた跡碑。


磐代神社」。
一柳家の氏神大山祇命を祀る神社で、
藩祖一柳直未とその子松千代も合祀しています。
陣屋が建てられた際に創建されたもの。


小野藩史蹟碑」。
磐代神社境内に接されている碑。
小野藩について刻まれています。


大国隆正翁来寓記念碑」。
小学校に隣接する博物館「小野市立好古館」前の碑。
大国隆正津和野藩国学者で、
平田篤胤村田春門に国学を学び、
古事皇朝学、五十音図に関する諸書を研究。
その後は脱藩して京都で国学(本教本学)を講じ、
9代藩主一柳末延の招請を受け、
藩校帰正館を開設して小野藩士子弟らを教育。
小野藩を辞去した後は、姫路藩福山藩などに招かれ、
宮中でも皇典を講じています。


藤森弘庵先生顕彰碑」。
藤森弘庵は小野藩儒で、8代藩主一柳末周の祐筆となり、
世子一柳末延の侍講となりましたが、
末延が藩主となってからは、藩政改革で意見書が合わず、
脱藩して後に土浦藩に仕えました。
海防備論」を著して海防の重要性を訴えた為、
安政の大獄に連座して捕らえられ、江戸を追放。
文久2年に赦免となって江戸に戻りますが、
同年に死去しています。

外様の小藩であった小野藩は、
幕末期に目立った行動は起こしていませんが、
鳥羽伏見の戦いの際は、旧幕府軍として大坂の守備に就き、
勝敗が決した後に新政府に恭順の意を示しました。
戊辰戦争では、新政府の要請に応じて藩兵57名を派遣。
北越戦争などで戦っています。

ちなみに最後の藩主一柳末徳の次男恵三は、
朝ドラ「あさが来た」のモデルとなった広岡浅子の婿養子で、
大同生命の2代目社長となりました。
また三女満喜子は、米国人建築家ヴォーリズと結婚し、
近江兄弟社学園の学園長を務めています。
※ヴォーリズは「メンターム」の近江兄弟社の創業者。

【小松藩】
藩庁:小野陣屋
藩主家:直家流一柳家
分類:1万石、外様大名

■関連記事■
島根県鹿足郡津和野町 津和野城跡
 津和野藩亀井家の居城跡。大国隆正は津和野藩の出身。
兵庫県加東市 三草陣屋跡
 隣接する三草藩丹羽家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。