中山忠光の逃避行①

①////

天誅組の変に敗れた中山忠光は、
長州に落ち延びて長府藩に匿われますが、
俗論党の台頭によって邪魔となり、
密かに暗殺されてしまいます。

当ブログでも潜伏場所を何度か記事にしていますが、
実際の日程は不明な事が多く、
なかなかはっきりとした行程はわかりません。

大罪人を匿うという事、そして暗殺という最後から、
長府藩の正式な記録が作られていないわけで、
関係者の証言を繋ぎ合わせるより手段は無い。
しかし、調べられたのが明治中期になってからで、
証言者も老いて記憶も曖昧となっており、
正確な事がわかりません。

仕方ないので日付は気にせず、
行程だけを追っていこうと思います。

文久4年1月4日
中山忠光は延行村の潜居に約6ヶ月潜伏しました。
一緒に逃れてきた天誅組残党と離れ、
長府藩士国司直記が従者として付き、
侍妾として船宿の娘恩地トミがあてがわれた他、
小使いとして1名が付けられたという。
※潜居は四畳半と三畳の二間だったという。

この延行での潜伏中も何度か脱走し、
海峡の台場等に赴き国司らに説得され、
連れ戻されました。

長府藩としては忠光を匿っている事が知れれば、
お家断絶もありうるわけで、
忠光をもっと奥地に移すことを決め、
危険が迫っているなどど忠光を説得し、
延行から離れさせたのでしょう。

元治元年7月1日の行程。
延行を出発した忠光一行は安岡浦へ向かい、
安岡の長老村田庄三郎宅で宿泊してます。
※村田庄三郎宅の正確な場所は不明。

つづく。
①////

■関連記事■
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行村の潜伏地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。