中山忠光の逃避行②

つづき。
/②///

安岡村村田庄三郎宅で宿泊した中山忠光一行は、
安岡浦からで北上しますが、
海は荒れて船酔いに苦しみながら湯玉浦に到着。
湯玉の庄屋石川良平宅(記事はこちら)にたどり着きました。
※石川家は宇賀(湯玉)本陣を務め、
 後に良平の娘は山縣有朋に嫁いでいます。



安岡浦から湯玉浦への行程。
※日付に諸説あり(7月2~3日あたり)

村田家や石川家では忠光の名前や身分は伏せられ、
高貴な人物である事のみが伝えられていたようで、
彼らは明治以降に忠光だったと知ったようです。

石川邸には2~3日滞在してもてなされたようで、
その後、陸路で宇賀本郷大専寺に向かいました。

7月9日。湯玉から上畑の常光庵への行程。

大専寺に潜伏先を求めた一行でしたが、
寺は正面が海に面して潜伏先に不向き。
そこで大専寺の僧侶が上畑に出張する際、
宿泊に使っていた常光庵をあてがわれ、
そこを潜伏地と決定しています。

つづく。
/②///

■関連記事■
下関市豊浦町湯玉 庄屋石川邸跡
 湯玉の庄屋石川家の屋敷跡。中山忠光が宿泊しました。
下関市豊浦町宇賀本郷 大専寺
 海に面して開けており、潜伏地には向いていません。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 中山忠光の潜伏地のひとつ。
山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる
 山縣は湯玉の庄屋石川良平の娘と結婚しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。