中山忠光の逃避行⑤

つづき。
////⑤

8月21日。
室津観音院から移ってきた中山忠光は、
田耕大田新右衛門宅に潜伏。
護衛として長府藩市三浦市太郎松村良太郎が加わり、
賄方の宮原力造を雇い2ヶ月弱過ごしています。
※表の間と中の間の2部屋に、
 忠光、恩地トミ国司直記、三浦、村松、小使い1名が、
 殆ど外に出ずに生活していたという。


その後、四恩寺(記事はこちら)に移る事になりますが、
四恩寺を見た忠光はそこに潜伏する事を嫌がり、
付近の大林万次郎宅で滞在する事とします。
それから24~25日過ごし、
山を散策したり、川で漁をしたり、
時には万次郎の木こりを手伝ったという。

そして11月5~15日のある日。
※日付に諸説あり。
刺客が迫っているからという庄屋山田幸八の勧めで、
急遽大田宅に移っています。

大田宅で風邪で寝込んでいた忠光は、
危険が迫っていると四恩寺へ避難を勧められ、
目立つからとトミや国司は留められ、
庄屋の山田と護衛の三浦と共に四恩寺へ。

四恩寺へ向かう途中の長瀬の渓谷で、
突如刺客に足を払われた忠光は川へ転落し、
そこで首を絞められて殺害されます。
※刺客は長府藩衣類方内田与三郎佐野正右衛門
 福山吉兵衛高田吉兵衛近本伴右衛門、そして三浦。
 他に野々村勘九郎福永正介ら別動隊があったとも。



田耕での行程。
(10月中旬から11月15日あたり)
※11月5日に大田宅へ移り、
 8日に殺されたという説が信憑性が高い。


賄方の宮原力造は翌朝忠光の様子を見に行くと、
途中の長瀬で血痕と争ったような跡を見つけ、
四恩寺に行っても忠光は来ていないとの事で、
忠光が殺害されたと知る。
国司と松村は忠光の凶事を聞き、
トミを連れて長府の江尻半右衛門宅まで護衛します。
※国司と松村が暗殺に関わったかは不明。

中山忠光を襲った刺客達は、
忠光の遺骸を庄屋山田幸八宅に運び、
用意されていた長持に詰めて塩漬にしました。
雇っていた3人の人夫と夜討峠にこれを埋めますが、
後日の発覚を恐れてすぐに掘り返し、
夜を徹して長府まで運ぼうとします。
しかし綾羅木で夜が明けてしまった為に、
諸隊との遭遇を恐れて綾羅木の浜に埋葬。
これが現在の中山神社の墓所です。


忠光の遺骸が運ばれる行程。
(11月5日から15日あたり)

忠光の暗殺は長府藩の佐幕派による指示とされ、
幕府に察知される事を恐れてのものだとされます。
しかしながら、わざわざ奥地に潜伏する忠光を、
病死に見せかけてまで殺す理由があったのでしょうか?
実は匿っていたけれど殺したから許して
なんて言える訳もない。ただ殺して埋めただけ。
殺さずともどうにかなったんではないかと思います。

田耕への移動時に実行犯の三浦が加わっていますので、
この時点で暗殺は決定されていたと思われれますが、
暗殺はそれから2ヶ月半も先の事ですから、
後に派遣された者から聞かされたのかもしれません。
遺骸を一度埋めて掘り返すなどの手際の悪さから、
周到に計画が練られたとも考えづらい。
殺した後の事は考えて無かったような気がします。

上記したように長府に運ぶ途中で、
夜が明けた為に綾羅木に埋めたというのが定説ですが、
長府に運ぶには綾羅木では道が逸れています。
仮に長府に運んでもその処理に困るはず。
初めから延行付近に埋めるつもりだったのかもしれません。
とにかく忠光は殺され、遺骸は綾羅木に埋められました。

忠光が延行に潜伏を始めてから、
田耕で殺されるまでの間、
下関は歴史的な事件が数多く起きています。
しかしそれとは全く関わりを持たず、
※とりあえず知られる限りでは・・。
逃避行を続けた挙句に忠光は殺されました。
何の因果がそのすぐ後に五卿功山寺に入り、
1ヶ月余の後には功山寺高杉晋作が挙兵。
長州は討幕に向かって進むことになりますが、
仮に忠光が生かされていたならば、
何かの役目を担ったのでしょうか?

////⑤

■関連記事■
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 中山忠光が殺害された現場。
下関市豊北町田耕 四恩寺跡
 忠光が潜伏する筈であった寺院跡。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺骸を一時埋めたとされる場所。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。