下関市豊北町田耕 四恩寺跡

天誅組の変に敗れた中山忠光は潜伏先を転々とし、
田耕大田新右衛門宅に2ヶ月弱潜伏し、
その後、更に奥地の四恩寺に向かいます。

これは僕なりの推測なのですが、
脱走を繰り返し、辺りを歩き回る忠光に、
幕吏の追求を恐れた長府藩俗論派は、
とりあえず四恩寺に座敷牢を建てて閉じ込めようと、
考えたのではないでしょうか?
そこで四恩寺に急遽座敷牢の建設が開始され、
これが出来るまで大田宅に潜伏させ、
完成と同時に四恩寺に移動したのでは?
こう考えれば田耕での行動の辻褄は合います。


本宮中山神社」。
忠光が殺されたとされる場所にある神社で、
もちろん祭神は中山忠光命
ここよりさらに奥地へ向かった先に、
四恩寺の跡地があるようです。

ここで注意ですが、スマホのgoogleMapを頼ると、
舗装された道を案内されますが、
これでは四恩寺跡にはたどり着けませんので、
神社から約200m北側の右手脇道に入ります。


途中までは車で行きましたが、
断念して歩いて進みます。


四恩寺跡」。
しばらく歩くと到着。
四恩寺は萩の通心寺の末寺で、
田畑や宅地を毛利家より賜っていたという。
この毛利家が宗家なのか長府毛利家なのか不明ですが、
ここを潜伏地に定めた事からすると長府毛利でしょうか?
女流俳人田上菊舎もここを訪れ、
住持らと雅会を催したとの事ですが、
明治七年に通心寺と統合されて廃寺となりました。


中山忠光卿故蹟」。
忠光は大田宅から四恩寺まで来ましたが、
待っていたのは牢獄のような場所だったとされます。
上記しましたが、これは四恩寺の堂宇などではなく、
忠光を閉じ込める為に長府藩が建設したもので、
座敷牢のようなものだったのではないでしょうか?
説明板には忠光卿がしばらく潜伏したと書かれていますが、
実際には忠光はそこに入るのを拒否。
少し下った大林万次郎宅に潜伏する事となります。


本堂跡」と「四恩寺古蹟」。
細い石段を登った先にある本堂跡。
四恩寺の跡碑が建てられていました。
裏手には住職の墓も残っています。


旧大林万次郎宅」。
忠光が実際に潜伏した大林宅が現存しています。
四恩寺からあまり離れていないのですが、
四恩寺への道からかなり戻らないと、
こちらには行けません。
忠光はここで24~25日間過ごし、
山を散策したり、川で漁をしたり、
時には万次郎の木こりを手伝ったという。

またも推測ですが、忠光が座敷牢に入る事を拒んだ為、
護衛の長府藩士三浦市太郎松村良太郎のどちらかが、
長府藩に報告したと思われます。
これを聞いた藩はやむなく忠光の暗殺を決定し、
暗殺者を派遣するに至ったのではないでしょうか?

大林宅で過ごしていた忠光は、
庄屋山田幸八より刺客が迫っていると告げられ、
大田宅に戻り、そして再び刺客が迫っているからと、
山田幸八に誘い出された忠光は、
現在の本宮中山神社のある長瀬の渓谷で、
絞殺されてしまう訳です。

■関連記事■
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 中山忠光が殺害された現場。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺骸を一時埋めたとされる場所。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
中山忠光の逃避行①////
 忠光の北浦潜伏の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。