中山忠光の逃避行③

つづき。
//③//

常光庵で潜伏することになった中山忠光でしたが、
上畑は戸数十数戸の山里。
川で釣り糸を垂らすだけしかすることはなく、
血気盛んな忠光には耐えられない日々だった様子。

下関外国艦隊が迫っていると噂を聞いた忠光は、
7月26日に攘夷の先鋒として陣頭で戦おうと、
百姓家の裸馬を盗んで脱走を試みますが、
従者の国司直記はこれを追って黒井村辺りで捕まえ、
危険であると説得しています。
この日は黒井村の庄屋道元孫三郎宅に滞在し、
その後も常光庵には戻らず、
大河内山本五兵衛宅に宿泊したとされます。
※この辺りの動向がイマイチ不明で、
 黒井村の道元宅から一旦に戻ったようですが、
 8月7日に黒井で書かれた大庭伝七宛書状も残っており、
 そのまま道元宅に滞在していたのか、
 上畑には戻らずに大河内に滞在していたのか、
 正確な事はよくわかりません。

 下記の地図は上畑には戻らず、黒井から大河内へ行き、
 そのまま滞在したという過程の行程です。



大河内から黒井への行程。
(7月26日~8月5日あたり)

常光庵での潜伏はもう嫌だと駄々をこねたのか?
とにかく上畑の潜伏は終了しました。
そこから川棚三恵寺へ移るまでの消息は不明。

下関に違い場所だと説得したのか?
川棚は温泉もあって多少賑やかだと説得したのか?
とにかく次に潜伏先は三恵寺に決定しました。
しかし、三恵寺での滞在はたった1日。
多少賑やかだと思って来てみれば、
山奥じゃないかと騙されたと思ったのか、
三恵寺の麓にある地蔵堂に移ったようです。


大河内から川棚(三恵寺)への行程。
(8月5日~8月15日あたり)

つづく。
//③//

■関連記事■
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 中山忠光は三恵寺の観音堂に1日だけ潜伏しました。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 中山忠光の潜伏地のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。