中山忠光の逃避行④

つづき。
///④/

中山忠光川棚に潜伏した後、
8月下旬頃に室津観音院に移りました。
ですが正確な日付は不明で、
ただ潜伏したという記録が残っているのみです。


川棚から室津(観音院)への行程。
(8月16から19日あたり)

川棚は余りにも人目が付きやすく、
潜伏は不向きであった事から移動した様ですが、
ここも最大で3日程度の潜伏期間のようです。


室津(観音院)から田耕への行程。
(8月19日あたりから21日)

田耕には8月21日に到着したようですが、
室津からの行程は約30kmですので、
途中どこかで宿泊したかもしれません。

上畑でさえ暇を持て余した忠光が、
更に奥地である田耕行きを了承させるのは、
相当大変だった事でしょう。
危険が迫っていると皆で説得したのか?
期限付きで了承させたのか?
それとも実際に危険だと認識したのか?
とにかくこれより最後の地である田耕へ向かいます。

つづく。
///④/

■関連記事■
下関市豊浦町室津 観音院
 室津での潜伏場所。
下関市豊浦町川棚 三恵寺
 僅か1日のみ潜伏した温泉開基の寺。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。