下関市豊浦町宇賀本郷 大専寺

中山忠光は、幕吏から逃れるために逃避行を続け、
湯玉浦の庄屋石川良平(のちに山縣有朋義父)邸で、
2~3日過ごし、宇賀本郷大専寺へと移動します。


豊浦町宇賀本郷周辺(大専寺の場所)。

実際には幕吏なんて居なかったと思います。
幕府でも長州領内で大々的な捜査は不可能でしょう。
公式に大人数を長州領内に派遣して、
捕まりませんでしたでは面子が立ちませんので、
確かな情報がない限り動けないでしょう。
まずは潜んでいるであろう隠密が居場所を特定し、
確固たる証拠を掴まねばなりません。
つまり捕吏から逃れるというよりは、
いるかどうかもわからない隠密を警戒しての行動ですね。


大専寺 山門」。
北浦街道(国道191号線)を山側に入り、
山麓にある集落の一番上。
小さいながら凝った造りの立派な楼門です。


山門からは宇賀本郷の田園、そして響灘が広がります。
良い天気ならば絶景といったところですが、
残念ながら訪問時は夕方で曇り空。


大専寺 本堂」。
本堂は、鉄筋コンクリート造りの新しいもので、
当時の面影はありません。
山門が良い雰囲気だったので残念。

大専寺へ移動した中山忠光一行でしたが、
見晴らしの良い景観が潜伏地として適当ではなかったのか、
大専寺の別寮である常光庵に向かいます。

■関連記事■
中山忠光①
 下関に潜伏する前の忠光。
中山忠光の幽霊
 殺された忠光は亡霊となって恨みを晴らします。
下関市延行 中山忠光朝臣隠棲之地
 延行の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 夜討峠
 忠光の遺体を一時埋めた場所。
下関市豊浦町北宇賀上畑 常光庵
 宇賀の忠光潜伏地。
下関市豊浦町室津 観音院
 室津の忠光潜伏地。
下関市豊北町田耕 本宮中山神社
 忠光が殺害された現場。
下関市綾羅木 中山神社
 忠光を祀る神社と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。