周防大島町 大島神社(八田山招魂場)

八田山招魂場は、長州藩により創建された招魂場。
大島戦争の戦死者18名及び、北越戦争戦死者2名、
大島ゆかりの3名を墓碑が建っています。
その後、東久賀招魂社八田山招魂社大島護国神社
久賀護国神社、そして大島神社と改称。
以後の戦役の英霊三千有余柱も祀られました。


大島神社」。
白い鳥居が珍しい招魂社です。
境内は綺麗に掃き清められていました。


大島神社社殿」。
明治10年から招魂社祭を行ったとされますので、
そのあたりが社殿が建てられて時期でしょう。
ただ、招魂場自体の創建が慶応元年となっていますが、
祭神が慶応2年の大島戦争殉難者ですので、
その前の創建というのが不思議です。
何かの間違いでしょうか?


維新墓地」。
社殿の裏手にある招魂場。
墓碑の23名は以下のとおり。
〇大島戦争戦死者
松永熊蔵金谷磯右ヱ門野村吉蔵宮本和七
久行丈之助国行雛次郎波多野五郎泉徳太郎
仲木直太郎竹中甚之助大谷八郎松岡茂太郎
冨山勇記山本与吉郎山脇種蔵岡本新太郎
大波野市蔵藤本鹿之助岩本直吉
〇芸州戦争戦死者
木田浅吉
〇北越戦争戦死者
宮本和七末武省作
〇第二奇兵隊脱走騒動殉難者
楢崎剛十郎
〇大島の勤皇庄屋
伊藤惣兵衛(病死)

維新墓地のさらに奥には八田八幡宮があり、
八田山招魂場はその参道沿いに設けられたもので、
大島神社は八田八幡宮の境内社ということになります。

八田八幡宮」。
貞観年間創建の久賀村鎮守の八幡宮。
秋祭りには伝統の引山太鼓が町内を練り歩くそうです。

さて、これで山口県下の現存する招魂場は、
コンプリート致しました。
戦後、心ない人々によって招魂社、護国神社は、
間違った避難を受け、現在でもネットで、
見当違いの情報を流され続けています。
招魂場は隊、地域という括りで、
戦死者を招魂しようという趣旨のもので、
軍国主義を煽るためのものでもなければ、
長州閥官軍を称えるものでもありません。
各招魂社、護国神社の祭神は全く別の括りで、
それぞれの神社が祭神を定めています。
現在の政権批判の為に歴史を捻じ曲げる輩が、
吉田松陰がそれぞれで祀られているなど、
完全に嘘の情報を垂れ流していますが、
実際に調べてみれば、全然違うとわかります。
隊やその地域の所縁ある人物が祭神であり、
非業の死を遂げた霊を慰める為のもので、
南洲墓地白虎隊士の墓と同じものなのです。

■関連記事■
大島戦争(大島口の戦い)①//
 長州藩領を侵略された唯一の戦い。
宇部市 宇部護国神社と福原家屋敷跡
 福原越後と戦死した福原家家臣らを祀る招魂社。
山口県熊毛郡 麻郷護国神社
 上関宰判の主導によって創建された招魂社。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。