栃木県さくら市 龍光寺(喜連川藩足利家墓所)

龍光寺室町幕府初代将軍足利尊氏の開基とされ、
下野国における安国寺に指定されており、
当初の寺名は東勝寺であったという。
関東公方足利国朝喜連川に入って後は、
喜連川家の菩提寺として墓所も建てられ、
国朝の父足利頼純の法名より龍光院と改称。
昭和28年に現在の龍光寺に改められています。


山門」。
ちいさいながら朱塗りの山門。


本堂」。
本尊の釈迦如来像の他、
恵心僧都作の十一面観世音菩薩像が安置されています。


喜連川藩主足利家歴代御墓所」。
境内北側にある藩主家の墓所。
レンズに水滴が付いてしまいました。


ちょっとした土塀で囲まれた墓所には、
石塔54基と石灯籠が立ち並んでいます。
参勤交代を免除されていた喜連川家は、
藩主は領内で死去することが多かった事でしょう。

喜連川家は足利将軍家の支族であり、
同じく将軍家である徳川家より特別な配慮がなされ、
諸侯の中でも極めて特殊な存在でした。
5000石という大名の規定から外れながら、
10万石級国主並の家格を有し、
参勤交代の免除、妻子の国元在住、諸役の免除、
そして御所号の敬称も許されています。
藩主は「御所様」と呼ばれていたようで、
自らも「天下ノ客位」「無位ノ天臣」と称したという。

喜連川家は明治維新後、足利家に復姓しており、
足利家は現在も続いているとの事です。

■関連記事■
栃木県さくら市 喜連川陣屋跡
 喜連川藩喜連川家の陣屋跡。現在は庁舎の敷地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。