愛媛県八幡浜市 二宮敬作記念公園

国道九四フェリーで大分佐賀関から、
四国の佐田半島三崎港に到着。
国道197から378を通って松山へ。
その途中の保内町磯崎二宮敬作記念公園があります。


二宮敬作記念公園」。
国道378(夕焼け小焼けライン)を北上。
道路沿いに標識がありますので、
すぐにみつかると思います。
磯崎の集落が一望できる以外は何もない公園で、
銅像を建てる為に整備されたのでしょう。


二宮敬作像」。
二宮敬作といえば卯之町のイメージですが、
出身地はこの磯崎浦という。
医者となる為に長崎へ留学しシーボルトに師事。
シーボルト事件に連座して長崎に追放された後は、
卯之町で開業して高野長英を匿ったり、
シーボルトの娘イネの養育したりしています。

二宮は長崎追放後、一時磯崎に帰っていますが、
卯之町で開業した後は故郷へは戻らず、
再来日したシーボルトに再開した後に体調を崩し、
文久2年に長崎で死去しました。

■関連記事■
愛媛県西予市 卯之町①/
 二宮敬作が開業した卯之町。風情の残る街並み。
愛媛県宇和島市 大村益次郎住居跡
 大村は二宮の推挙により宇和島藩に召し抱えられました。
愛媛県宇和島市 宇和島城
 宇和島藩伊達家の居城跡。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。