愛媛県宇和島市 大村益次郎住居跡

周防の村医村田良庵は、緒方洪庵適塾で蘭学を学び、
塾頭を勤めた後、鋳銭司に帰って医者を開業しています。

高野長英を幕吏の探索によって失った宇和島藩では、
高野に代わるのような蘭学者を求めていましたが、
そこで白羽の矢が立ったのが、
二宮敬作を訪ねに来た村田でした。

二宮や高野門下の藩士に一流の蘭学者と認められた村田は、
宇和島藩主伊達宗城に推挙され、兵学、蘭学の講義と翻訳、
樺崎砲台の設計、軍艦製造の研究に携わります。


大村益次郎住居跡」。
宇和島滞在時の村田良庵(大村益次郎)住居跡。
村田ははじめ宇和島に汚い身なりで現れ、
役人は2人扶持10両の冷遇で雇いましたが、
その後上士格100石の待遇に改められています。
村田の宇和島滞在は2年余り。
その間に長崎にも赴きました。

その後、村田は藩主の参勤に同行して江戸へ向かい、
私塾鳩居堂を開いて蘭学を教える傍ら、
幕府の蕃書調所教授方手伝
講武所砲術教授を務めました。

故郷の周防を領する長州藩は、村田が自領出身と知り、
長州藩への村田の移籍を宇和島藩へ嘆願し、
宇和島藩はこれを受け入れて、村田は長州藩に移籍。
結局、村田の宇和島藩在籍は7年間でした。
移籍しても翻訳などの宇和島藩の依頼を、
引き受けるという条件であったとされます。

■関連記事■
東京都千代田区 靖国神社
 靖国神社は大村の献策によって創建されています。
大阪府大阪市 適塾と除痘館
 大村は適塾の四代目塾頭。
山口市鋳銭司 大村益次郎の墓
 大村は遺言により鋳銭司に葬られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。