四国旅行のおわりに

コロナ禍の中、GOTOキャンペーンを利用し、
家族旅行に行った訳ですが、
これについて「大丈夫?」と言われる事もありました。
何が本当で何がデマなのかわからぬ中、
只々家に閉じこもっている事が正解とも思えません。
TVのニュースの情報と自分の周りを比べると、
全く別の国の話を観ているようですし、
仕事や子供達の学校行事の変更など、
実際にコロナ禍の影響を感じる事もあります。

外に出ると皆マスクをしていますし、
勿論僕も家族もマスクをしています。
店舗や施設に入るときは消毒もしますし、
体温測定を求められても普通に受けます。
これはコロナが怖いというよりもエチケットで、
他人の目を気にする為のもの。
家族やごく一部の人間以外とは食事は共にしませんし、
三密等の場所にも近づきません。
これで感染するなら何をしても感染するでしょう。
その上で感染の少ない地域から、
感染の少ない地域に旅行に行くことに、
何の問題もないと考えました。
現に旅行から帰って1ヶ月弱。
PCR検査を受けたわけではありませんが、
感染した形跡はありませんし、
とにかく今回の家族旅行も無事に終了し、
平穏な日々を迎えております。


最近カメラを向けるとこのポーズをとるゆきちゃん
なんだろ?彼の中でのカッコいいポーズなのかな?


松山城リフトに乗るみよちゃん。
登りはロープウェイでしたが、
下りは自らリフトに乗ると言い出しました。
乗ったは良いがやっぱり怖かったらしく、
終止両手で棒を握りしめて、
表情を強張らせながら降りてきました。

四国はまだ徳島県に行っていません。
また、高知県もかなりご無沙汰です。
香川県もまだ高松には行けてませんし、
愛媛県もまだまだ幕末史跡は豊富。
来年も行けるように頑張ります!

■関連記事■
愛媛・香川旅行
 今回の家族旅行の記事。
鳥取旅行
 2年前の家族旅行。
家族旅行の最後に
 鳥取旅行のおわりに・・・。

2 thoughts on “四国旅行のおわりに

  1. さぬきの晋さん

    丸亀では源養寺や丸亀城を廻ったようですね。丸亀市民として記事はたいへんありがたいことです。
    丸亀には勤王碑に名前のありました、土肥大作や弟の七助(長州遊撃隊にいたことがある)や村岡箏子、宗四郎母子が勤皇家としております。また、中府の大鳥居には『長州赤間関 菊屋平七』と書かれた鳥居があります。丸亀金毘羅街道には珍しい奉納者です。萩の菊屋は知っていますが、下関の菊屋、関係あるのでしょうか?
    案内したかったなぁ~

    返信
    1. kii 投稿作成者

      >さぬきの晋さん
      最近スパムコメントが多くなったので、
      コメントを認証制にしてしまい御迷惑をおかけします。
      喜んで頂けて光栄ですがもう少しリサーチしていたらなと後悔。
      特に村岡母子について失念していた事が悔やまれます。
      菊屋平七は帰ってから調べてみますね。
      実は今青森県に出張中で、隣の秋田県にも足を延ばしています。
      そこで由利本荘市の矢島陣屋を訪問した際、
      陣屋跡横に金刀比羅神社がありました。
      こんな山奥に?しかも金比羅ではなく金刀比羅?と思って調べたら、
      矢島藩主生駒家が高松藩から矢島に転封された際、
      金刀比羅大権現より分霊して持って来たものとの事。
      そんな発見があった中、偶然さぬきの晋さんよりコメント頂き、
      とても驚いている次第です。
      またこれについても記事にしますので、
      楽しみにしていて下さい。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。