群馬県前橋市 前橋城跡

前橋城の築城は15世紀末とされますが、
正確な事についてはよくわかっていません。
当初は厩橋城と呼ばれ長野氏の居城だったようで、
戦国時代には上杉謙信の関東進出の拠点となり、
上杉家家臣北条高広が城主となります。

謙信の死後、御館の乱に敗れた高広は武田家に下り、
武田家が滅ぼされると織田家に下りました。
更に本能寺の変が起きて織田信長が倒れると、
関東は後北条家の支配下となり、
高広は一時後北条家の軍門に下りますが、
真田家と共に離反して上杉家に帰参。
これに後北条家は大軍を持って厩橋城を攻め、
厩橋城は落城しています。

その後、豊臣秀吉小田原征伐で後北条家は滅び、
徳川家康三河より関東に転封すると、
平岩親吉が厩橋城の城主に任命されました。

関ケ原の戦いの後、酒井雅楽頭宗家が厩橋城に入り、
厩橋城は天守を持つ近世城郭に改修され、
厩橋藩3万3千石の藩庁となり、
後に「厩橋」から「前橋」に改められています。
※後に加増によって15万石となっています。

酒井雅楽頭宗家の治世が9代続いた後、
姫路藩に同石高で転封となり、
代わって越前松平家松平朝矩前橋藩に入封。
しかし酒井家時代より前橋城は利根川の浸食に侵され、
本丸までもが水に浸かるにおよび、
朝矩は前橋城を破棄して領内の川越城に藩庁を移し、
前橋城は廃城となります。

以後は川越藩として7代続き、
幕末の文久3年に川越藩は前橋城を新たに築城。
慶応3年に完成して藩庁を前橋城を戻し、
前橋藩が再興しました。


群馬県庁(前橋城本丸跡)」。
前橋城の本丸跡は現在、群馬県庁の敷地となっています。
幕末に再建された前橋城は、旧前橋城の三ノ丸跡を本丸とし、
本丸内に藩主居館の本丸御殿が建てられました。
旧前橋城の本丸部分は利根川の激流で削られており、
再建時には既に川の一部となっていたようです。

県庁北側の群馬県警察本部を囲むように、
前橋城の土塁が残っています。

前橋城址之碑」。
土塁を登ると跡碑が建てられています。
最近は東北の城を訪問する事が多く、
あまり違和感を感じなかったのですが、
よく考えたら前橋城は土塁の城なんですね。
上記のように旧城は利根川にやられてるので、
しっかりした石垣の城が良いような気もしますが、
時間と予算の関係もあるのでしょう。

前橋城は廃藩後に県庁が置かれた為、
県の中心地として発展していますので、
開発が進んで遺構は殆どありません。


前橋公園」。
市民憩いの場である前橋公園は、
前橋城の北郭のあったあたり。
園内には楫取素彦の碑や銅像が建てられています。


舊群馬県令楫取君功徳之碑」。
初代群馬県令楫取素彦の功徳碑。
楫取は元長州藩士で旧名は小田村伊之助
史上最悪の大河「花燃ゆ」において、
綺羅星の如く居並ぶ長州志士を差し置いて、
維新を一人で成し遂げたように描かれ、
吉田松陰と関係が深く勘違いされがちですが、
彼は志士ではなく優秀な事務方行政官でした。
維新後、一旦隠棲していましたが、
政府の要請で出仕し足柄県参事を経て熊谷権令に就任。
熊谷県改変で新設された群馬県の初代県令となります。
教育の振興や製糸業の発展に功績があり、
県庁を高崎から前橋に移転させました。


宮崎有敬翁紀功之碑」。
初代群馬県会議長宮崎有敬の紀功碑。
伊勢崎藩御用商人宮崎有成の子で、
藩に農兵制度義倉の設置を求めた他、
生糸の改良等も行って藩財政を潤わせましたが、
勤皇活動を藩に疑われて一時幽閉されています。
維新後は大蔵省内務省役人を経て、
群馬県の製糸業の発展に尽力。
明治12年に初代県議会議長となった他、
上毛繭絲改良会社伊勢崎太織会社を設立しました。
楫取は群馬県令として赴任した際、
この地で最もすぐれている人物は誰か」とたずねると、
皆が口を揃えて宮崎有敬翁であると答えたという。
この碑は楫取の撰文によるもの。


楫取素彦と松陰の短刀」銅像。
日本の生糸の直輸出を成功させて、
その高品質を世界にアピールさせた新井領一郎
彼は楫取の推薦で米国商法実習生に選ばれ、
渡航前に楫取素彦夫妻を訪ねていますが、
その際に楫取の妻で吉田松陰妹である寿子から、
松陰の形見の短刀を渡されています。
この銅像は兄の星野長太郎と共に楫取を訪れ、
短刀を受け取るシーンを再現したもの。
なお、この短刀は現在もカリフォルニアに現存しています。


前橋東照宮」。
前橋公園内にある徳川家康を祀る神社。
藩祖松平直基が越前勝山藩領に創建した神社で、
直基系越前松平家の転封に伴い遷座し、
前橋藩に転封して川越城に藩庁を移した際は、
川越に社殿が造営されて幕末に至ります。
そして前橋城の復興で藩庁が再び移ると社殿は解体され、
現在地に移築されました。


厩橋護国神社」。
前橋東照宮の敷地内にある厩橋護国神社
西南戦争に出征して戦死した前橋出身者を祀る為、
明治10年に創建された厩橋招魂社を前身とし、
以降は大東亜戦争に至る英霊2346柱を奉祀しています。
国の為に死んでいった地元の若者達を永久に祀ろうと、
全国に護国神社招魂社があるわけですが、
その発想が高杉晋作提唱の桜山神社に由来するとも、
この考え自体が全国で賛同を得ただけで、
全く長州藩やその関係者が関わってはおらず、
地元民の崇高な志によって創建されたものでした。
社名に旧地名の厩橋が使用されている事から、
厩橋から前橋に地名が変更された後も、
ある程度は厩橋という名が残っていたようですね。

さて、遺構の少ない前橋城ですが、
市内中心部に城門跡の石垣が残されています。

車橋門跡」。
車橋門外曲輪から城内に至る重要な門で、
酒井家前橋藩4代酒井忠清の時代に冠木門から、
渡櫓門に改築されたものとのことで、
その後、越前松平家が前橋城を破棄し、
川越城へ藩庁を移した後も存続していたという。
再建された新前橋城においても大手筋の門として、
特に重要な門であったとされています。

幕末の前橋藩主松平直克は、
越前松平宗家の松平春嶽が辞任した政事総裁職に就任し、
将軍徳川家茂と共に上京して朝廷との折衝にあたります。
しかし一橋慶喜と共に横浜港の鎖港政策を推進し、
天狗党の乱鎮圧にも反対した為に罷免され、
以後は幕政には関与していません。
直克は生糸の生産で財を成した前橋商人の強い要請で、
前橋城を再建して藩庁を移転させますが、
僅か1年後に明治維新となって新政府に恭順し、
江戸詰藩士らは上総の飛地富津陣屋に移動。
※藩主直克は京都に在中。

しかし旧幕府軍が陣屋を取り囲んで引き渡しを要求し、
家老小河原政徳はやむなく陣屋を引き渡しています。
小河原は陣屋引き渡しの責任を取って自刃。
跡を白井宣左衛門に任せていますが、
その際に脱走扱いで歩卒20名を提供し、
大砲、小銃、金千両、糧米等を贈った為、
新政府に旧幕府への内通を疑われる結果となり、
白井も責任を取って切腹を申しつけられています。

国許の藩兵は新政府軍に組み込まれ、
周辺諸藩と共に越後へ出兵しており、
国見峠の戦い会津藩と戦火を交えました。

前橋城は幕末に再建された城で、
稜堡式の曲輪も設けられた城だったという。
開発によって遺構が消滅したのは非常に残念ですが、
土塁の城であった為に築城も早く、
その分破壊も容易であったようです。

【川崎藩→前橋藩】
藩庁:川崎城→前橋城
藩主家:直基流越前松平家
分類:17万石、譜代大名

■関連記事■
群馬県高崎市 高崎城跡
 近隣の高崎藩大河内松平家の居城跡。
群馬県安中市 安中城跡
 近隣にある安中藩板倉家の居城跡。
群馬県伊勢崎市 伊勢崎陣屋跡
 近隣の伊勢崎藩酒井家の陣屋跡。