群馬県伊勢崎市 伊勢崎陣屋跡

長い長い東北出張を終えた帰路、
途中の伊勢崎で一泊しましたので、
早朝の出発前に周辺の史跡へ。

出張中に帰りは伊勢崎で一泊するというと、
伊勢崎オートレース場で一発当てて帰ったらと、
お客さんに冗談を言われましたが、
確かに宿の近くにオートレース場がありましたが、
もちろん僕は博才はありませんし、
そんな時間もお金も興味もありません。
ただ子供の頃に親戚の伯父さんに連れられて、
山陽小野田市にある山陽オートに行った記憶があり、
今は亡き伯父さんを思い出しました。

前置きが長くなりましたが、
伊勢崎藩稲垣長茂が加増されて大名となり、
伊勢崎に陣屋を建設して立藩したのが始まりです。
次代稲垣重綱藤井藩に加増転封されると、
伊勢崎は前橋藩の継嗣酒井忠世に与えられ、
忠世が前橋藩主となると前橋藩領に組み込まれました。

その後、前橋藩の支藩として再び伊勢崎藩が立藩し、
以後は酒井雅楽頭家支流が治めています。
※宗家は後に姫路藩へ転封しています。


伊勢崎市立北小学校(伊勢崎陣屋跡)」。
伊勢崎陣屋跡は現在北小学校の敷地となっています。
敷地内の「旧時報鐘楼」は大正4年製のもので、
市内出身で横浜で薬種商を営んでいた小林桂助の寄付。
ですが、陣屋跡の遺構は皆無で碑や説明板もありません。

小学校南側の織物工業組合の駐車場の一角に庭園があり、
大きな2つの石碑が建てられています。

下城爾一郎君碑銘(左)」、
森邨熊蔵君之碑銘(右)」。
双方共に伊勢崎銘仙の振興に功績のある人物。
北関東は江戸時代より絹織物の盛んな地で、
特に伊勢崎銘仙は独自の手法で人気が高く、
他の銘仙に比べて高級品とされています。

JR伊勢崎駅に程近い同聚院へ。

同聚院の武家門」。
伊勢崎陣屋は稲垣家が築いていますが、
その陣屋は稲垣家の転封後に取り壊され、
その後、酒井家の支藩として再立藩した際に、
改めて陣屋が建てられています。
この同聚院の門は稲垣家の陣屋が取り壊された際、
ここに移築されたもの。
酒井家の陣屋遺構は皆無ですが、
その前の稲垣家の陣屋遺構は残されているわけです。

宗家の姫路藩8代藩主酒井忠績は最後の大老
9代藩主酒井忠惇老中と幕政に深く関与しており、
支藩である伊勢崎藩も佐幕派として見られますが、
時勢を見た8代藩主酒井忠強は自主的に謹慎し、
東山道先方隊総督府に恭順の意を示しています。
藩兵は同じく恭順した北関東諸藩と共に越後に向かい、
三国峠の戦い会津藩と戦っており、
さらに北上して六日市まで進軍した後に凱旋。
その後、白河への武器搬送も行いました。

【伊勢崎藩】
藩庁:伊勢崎陣屋
藩主家:忠寛流酒井雅楽頭家
分類:2万石、譜代大名(姫路藩支藩)

■関連記事■
兵庫県姫路市 姫路城
 姫路藩酒井雅楽頭宗家の居城。世界遺産。