宮城県大崎市 岩出山伊達家墓所

岩出山伊達家仙台藩伊達家一門で、
初代藩主伊達政宗の四男伊達宗泰を家祖とします。
政宗は豊臣秀吉により米沢から大崎へ減転封され、
岩出山城を居城としていましたが、
後に青葉城(仙台城)を築城して居城を移し、
岩出山城が幼い宗泰に与えられ、
以後は廃藩まで10代続きました。


岩出山伊達家の霊廟」入口。
岩出山伊達家の墓所は岩出山市街の南側にあり、
蛭沢川を渡った坂の途中の山麓にあります。

まずは道路向かいの松窓寺へ。

松窓寺」。
初代宗泰の傅役であった山岡志摩の菩提寺で、
岩出山伊達家霊廟の供養や管理を行っています。
山岡志摩は江戸に定府する宗泰に代わり、
城代として岩出山城を管理していました。
境内には志摩の墓もあります。


入口から真っ直ぐ一直線の参道。
雪で膝下半分まで埋まりながら進みます。


参河守従五位下伊達宗泰墓」。
登った先にある初代宗泰の墓。
宗泰は僅か1歳で岩出山城を与えられますが、
もちろん政務は行えませんので、
山岡志摩と安積重遠の2人が傅役に任じられます。
元服後は正宗の命で江戸に定府して幕府に務めますが、
これは直参大名に取り立てられる事を狙ったもので、
政宗からも新恩拝領の懇請が再三行われましたが、
岩出山に一時帰国後に江戸に向かう途中、
疱瘡を患って急死してしまい、
直参大名への取り立ては叶いませんでした。


宗泰の墓より少し下りた西側に、
2代以降の当主の墓が並んでいます。


徳雲院殿功巌慧勲大居士」。
2代当主伊達宗敏の墓。
初代宗泰の長男として生まれ、
宗泰の死去後に岩出山伊達家の当主となりますが、
宗泰の死で岩出山伊達家の大名昇格は無くなり、
2代以降は国許に戻って正式に一門家となります。
3代藩主伊達綱宗が酒乱で藩主不適格として、
重臣一同は幕府に綱宗の隠居願を提出。
この隠居願の署名筆頭が宗敏であったという。
また一関藩伊達家が改易処分となった際、
藩主伊達宗勝の側室2人と子4人を預かっています。
隠居後に住んだ居館は後に学問所有備館となり、
日本最古の学問所建築物となりました。


慈雲院殿俊厳義英大居士(左)」、
安養院殿興興獄嘉盛大姉(右)」。
3代当主伊達敏親と夫人毛里の墓。
敏親は2代宗敏の長男として生まれ、
冷泉為清の娘毛里を正室に迎えています。
宗敏の隠居に伴って家督を相続。
藩士子弟を教育する為に有備館を開設し、
その校舎に前藩主の隠居所をあてました。


顕徳院殿隆巖清純大居士(右)」、
松翠院殿操嶽貞節大姉(左)」。
8代当主伊達宗秩と夫人の墓。
庄内藩転封を目論む川越藩藩主松平斉典は、
大御所の前将軍徳川家斉に取り入り、
三方領地替えを画策しましたが、
これを聞いた庄内の領民は集団で藩境を越え、
仙台藩に国替え阻止を愁訴しようとし、
岩出山の領地を通過しようとしますが、
これを差し止めて庄内領民に論じて解散させました。
仙台藩でもこれを受け止めて幕府に伺書を提出。
最終的に転封は中止となっています。


9代伊達義監と夫人の墓。
墓石が浸食して碑銘が読めません。
8代宗秩の死により家督を継ぎますが、
同年に急死してしまいました。


贈正五位 故従六位伊達邦直君之碑」。
幕末の当主10代伊達邦直の墓碑。
岩出山伊達家は戊辰戦争尿前の関の警備を担当。
その後、新庄秋田方面に出陣しています。
戦後は知行1万4千石を65石に減らされ、
家臣らは帰農を余儀なくされましたが、
邦直は新政府北海道開拓を志願。
しかし割り当てられた場所は開拓の見込みが無く、
開拓長官東久世通禧に開拓地移転を嘆願し、
当別が割り当てられて移住が開始されました。
以後、当別の開拓が行われ当別町の基礎を築かれ、
邦直は明治24年に死去。
当別神社に祭神として祀られています。

これらの縁から旧岩出山町と別当町は、
友好親善を深めて姉妹都市となっており、
岩出山町が大崎市に新設合併してからも、
姉妹都市として交流があるようです。

■関連記事■
宮城県大崎市 岩出山要害跡
 岩出山伊達家の居館跡。元々は政宗の居城。
宮城県大崎市 鳴子温泉
 鳴子温泉にある仙台藩の国境尿前の関。
宮城県仙台市 仙台城跡
 宗家仙台藩伊達家の居城跡。