宮城県大崎市 岩出山要害跡

仙台藩一国一城令の例外として、
藩庁の青葉城(仙台城)の他に白石城を持ち、
さらには21の要害と呼ばれる城がありました。

一国一城令ってのは結構で、
令制国なのか大名領国なのかも曖昧。
例外に1,2の支城を持つ藩もあり、
全てに平等なものではありません。
特に東北外様大藩に支城を持つ藩が多い。
それでも白石+21要害は多すぎですね。
これは藩祖伊達政宗の政治力が大きかったのでしょう。
一応は城ではなく要害ということになってますし。


岩出山要害館下町絵図模写図」。
岩出山要害は政宗の居城であった岩出山城で、
青葉城に正宗が藩庁を移すと、
四男の伊達宗泰に与えられています。
一国一城令後は要害と名を改めていますが、
城時代と何ら変わらずであったという。


史蹟 岩出山城址」碑。
現在の岩出山要害は城山公園として整備され、
南側の山麓は高校と小学校になっています。
この跡碑は岩出山小学校の正門下にあり、
この碑のあたりが大手門でした。

同じく小学校正門下に2つの碑があります。

春嶂大内先生頌徳碑(右奥)」、
花淵信太郎翁の頌徳碑(左手前)」。
双方とも詳しくわかりませんが、
大内春嶂は仙台藩校養賢堂で学んだ教育者で、
花淵信太郎は初代町長のようです。

東側より車で城山公園へ。
大雪でしたが長い坂を上ってSLのある広場へ。
ここに最強の女性武術家園部秀雄の顕彰碑があります。

園部秀雄範士顕彰碑」。
仙台藩馬廻役日下陽三郎の六女たりたは、
明治19年に岩出山で行われた撃剣興行に魅了され、
家族の反対を押し切って撃剣興行の一行に同行。
興行主の佐竹鑑柳斎直心柳影流薙刀術を学び、
熱心な稽古の末に直心影流薙刀術印可状を得て、
師の佐竹より秀雄の名を与えられました。
その後、直心影流薙刀術宗家を継承。
第4回武徳祭大演武会に唯一女性武道家として出場し、
剣豪としても知られる渡辺昇に圧勝してます。
その後も連戦連勝を繰り返し、
生涯数百戦のうち、敗れたのは僅かに2度だけ。
大正15年には薙刀術範士の称号を授与され、
名実共に最強とうたわれました。
昭和36年、死去。

さらに歩いて本丸に登る。

本丸跡」。
雪で何が何だかわかりません。


伊達政宗公之像」。
金丸跡に建つ伊達政宗の像。
政宗は米沢から大崎に減移封となり、
それに先立って徳川家康岩手沢に滞在。
縄張りを行った後で、政宗に引き渡されました。
その際に岩手沢から岩出山に改称されています。
以後、政宗は12年間岩出山城を居城とし、
青葉城(仙台城)に移った後に、
岩出山伊達家の居館となりました。

岩出山伊達家は一門家として戊辰戦争に出陣。
新庄秋田で戦功を挙げていますが、
仙台藩は敗れて岩出山伊達家は禄を失い、
北海道開拓を志願して当別に移住。
別当町の基礎を創り上げています。

■関連記事■
宮城県仙台市 仙台城跡
 仙台藩伊達家の居城跡。
宮城県白石市 白石城
 仙台藩の支城。片倉家が代々城代となっています。