何だか変な感じになってきたなぁ・・

女性蔑視云々が巷では多く聞かれています。
まあなんとも変な感じになってきました。

森元会長がそれほど女性を蔑視してるかなぁ。
実際に女性はおしゃべりな傾向があるのは事実。
話が長い傾向があるのも事実です。
もちろん無口な女性もいると思いますが、
その傾向があるのは紛れもない事実です。

例えば男は臭い。これは紛れもない事実(笑)。
僕も臭いって家族(特に娘)に言われるし、
自分でもそうだと思いますので、
出来るだけ清潔にしようとしています。

これを男性蔑視という人はいませんよね?
だってホントだもん。
でも男は臭いから会議場が臭くなる。
だから男はメンバーに入れないって事になれば、
これは問題です。
※それでも男の場合は問題にならないかも?
同じように女性がおしゃべりだから、
入れないってことになれば問題ですが、
そんなことは言っていない。

男性はだいたい臭いんですが、
 私どものメンバーはわきまえておられて、
 毎日朝風呂に入って体を擦っていらっしゃる。
 ですから匂いも抑えられているのですが、
 欠員があると男性を選ぼうとするわけです。

何か問題はあるのでしょかね?

五輪演出佐々木宏が辞任との事。
渡辺直美にブタの仮装をさせようと発案し、
これが流出したのが原因とのこと。
これが女性蔑視だという。

全く意味がわからん。
この佐々木宏はSBの犬の家族のCMなど、
僕の大嫌いなCMを手掛けている人物ですし、
彼が演出であれば品の無いものになりそう。
でもそれとこれとは関係なしで、
なんでこれが問題なのだろうと思う。

渡辺直美自体が過去にブタや犬の仮装をしたり、
容姿をネタにしてお笑いをやっていたわけで、
それを女性蔑視というなら、
過去にそれを放映したTV局も避難すべき。

オリンピックに相応しくないという意見は、
企画段階の案のひとつにおいて、
相応しくない案は発案してはいけないなんて、
企画をした事が無い人間の意見でしょう。
色々な意見を持ち寄って最終的に決めるわけで、
その案の中には当然相応しくないものや、
取るに足らない案も出てくることでしょう。

ブタの恰好をさせてオリンピッグてのは?
容姿のことを例えるのが気分よくないです
そうかぁ。じゃあウシは?馬は?マリオは?
ダメ!」「ダメ!」「ん?悪くないかも?
いや、安倍元総理と被るからダメ!
なら〇〇は?」云々・・

と、こんな風に発展させていくものなのですが、
例えばこれはブタの案があっての展開なわけで、
その発想をする事自体がダメだというのならば、
もうこれはどうしようもない。
渡辺も2度とブタの恰好は出来ないし、
女芸人容姿をネタにする事は禁忌となる。
これは芸人殺しです。

昔、美人コンテスト批判というのがあった。
容姿に順位をつけるのはいかんという。
ならばと運営が容姿だけでなく、
知性なども採点に加えますという事になった。
それじゃぁ人間コンテストだ!
という批判もありましたが全くその通り。
記憶力コンテスト、体力コンテストはOKで、
容姿コンテストだけが何故悪いのだろう。

太っている、容姿が悪いなどを逆手に取って
それをネタにする事を生業とする芸人もいる。
自分の過去の話をネタにする芸人もいる。
自分のゲスさをネタにする芸人もいる。
それを笑ったらダメなのか?蔑視なのか?

勘違いしている人がいる。
笑いというのには数種類あるが、
それを一緒くたにする人がいる。
芸人は笑わてはいない。
笑わているのである。
「ブタに変装させてオリンピッグ」
確かに面白くないし品が無い。
これは企画として面白くないし、
オリンピックの演出としても相応しくない。
ただ女性蔑視であるというのは別問題。
芸人が笑わていると捉えるような人が、
一番人を蔑視しているのではないでしょうか?

■関連記事■
表現と制約
 愛知トリエンナーレ騒動の私見。
歴史を学ぶという意義
 なぜ歴史を学ぶのでしょう。
また子供の虐待死がありましたね
 僕は一番許せません。