文久の修陵①

①/

歴史が好き」って言っても色々です。
歴史全般に興味あるとか、日本史か世界史かとか、
戦国時代限定とか、源平限定とか、南北朝限定とか。
まあそんな中で僕は幕末維新限定なわけです。
このブログにご訪問頂いている方々と同様に・・。

そんなわけで、知人には「歴史好き」と認識されていますが、
他の時代の事を振られても、一般知識程度しか知らなかったり、
興味なかったりするのです。

下関は源平の壇ノ浦の戦いの舞台でもありますし、
武蔵と小次郎の巌流島の決闘の舞台でもあります。
また戦前は下関要塞が造られ、
戦争遺跡も豊富な場所でもありますので、
まさに下関は歴史の町にふさわしいのですが、
幕末に関係する事以外そんなに詳しくない。
上記の時代に詳しくないのだから、
もっと前の古代史なんて別世界なんですよね。

務めてる会社のすぐ近くにも、前方後円墳がありますし、
足を伸ばせば土井ヶ浜遺跡もありますし、
日帰りで行ける範囲なら、佐賀の吉野ヶ里遺跡もある。
・・ということで、古墳には興味ないところなんですが、
幕末に関わる重要な話があるんですよね。
それが「文久の修陵」。

現在まで125代続いている天皇ですが、
つまりは最低でも124のお墓があるわけです。
現在ではそのほとんどが特定されている訳ですが、
江戸時代以前には荒れ果てていたり、
どこにあるかわからなかったりでした。
戦乱の世でそれどころじゃなかったしねぇ・・・。
それが江戸時代に入って平和になってくると、
学者なんかが調査したりするわけです。
尊皇思想もそれに関わってきますしね。
例えば本居宣長蒲生君平らが調査・考証しています。

徳川光圀も、幕府に荒れ果てた陵墓の修理を願い出ており、
幕府も何度か修復工事をやったりしてます。

文久の修陵」はその中のひとつで、
宇都宮藩の建白により幕府がこれを許可します。
宇都宮藩は坂下門外の変に藩士が加わっていた為、
幕府に睨まれている状況でしたが、
山稜修復という受けの良い事業を建白する事が、
最良の策であったのでしょう。
これは藩内の実力者県勇記の発案とされています。


神武天皇御陵真影」一部。

そして文久3年2月、神武天皇陵の修復工事が開始されました。
①/

■関連記事■
栃木県宇都宮市 宇都宮城
 宇都宮藩戸田家の居城。
下関市豊田町 安徳天皇西市御陵墓参考地
 参考地ってのは全国に沢山あるらしいですね。
京都府京都市 伏見桃山陵
 明治天皇の御陵。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。