文久の修稜②

①/

宇都宮藩が、ます稜墓の修復したのは神武天皇陵
初代天皇であり皇統の祖とされている人物のお墓です。

神武天皇」月岡芳年~大日本名将鑑~。

まずは神武天皇陵がどこなのかという事からスタート。
はるか昔に埋葬された神武天皇の墓がどこなのか?
江戸時代を通じて幾多の学者が捜し求めていました。
古事記」の記述では、 
  「御陵は畝傍山の北の方の白檮の尾の上にあり」 
日本書紀」の記述では、 
  「畝傍山の東北の陵に葬りまつる」とあります。
このことから、以下の候補地が決められました。

①大和の畝傍山の丸山
②大和の白橿村山本のミサンザイ
③大和の四条村の塚山

山陵奉行戸田忠至(宇都宮藩家老)、
学者の谷森善臣北浦定政などが検証して、
②のミサンザイに決定されます。
この決定は、現在でも議論がわかれていますが、
とにかくミサンザイの山稜を神武天皇稜と特定し、
修復工事が行われました。

他の天皇稜も特定され76ヶ所の天皇稜、 
他の親王や皇后稜も含めると、
109ヶ所の山陵が修復される一大事業となります。

ただの山だと思われていた稜墓も多く、
周溝部が耕作地になっている場所も多くみつかりました。
宇都宮藩としては、他藩の年貢地を減らすわけにもいかず、
周溝部はそのままにして丘墳部のみの修復を上申。
幕府は耕作地を排して周溝を掘るよう指示しています。

耕作地を減らされた藩や農民にとっては、
とても迷惑な話ですが・・・。


文久山稜図」より垂仁天皇陵

このような大規模工事を4年余で仕上げるとは、相当の手際。
神武天皇陵修復工事に成功した宇都宮藩に、
朝廷から恩賞がありました。
藩主戸田忠恕は従四位下に叙任され、
山陵奉行の戸田忠至は御剣を拝領します。
幕府は戸田忠至を大名格として諸侯に加えます。
朝廷からも幕府からも、称賛され順風満帆の宇都宮藩・・・・。

・・が、そううまくはいかないものです。
天狗党の乱の不手際で、減移封の憂き目に・・・。
藩主戸田忠恕は隠居・謹慎を命じられますが、
忠至の朝廷工作と山陵修復の功績のおかげで減移封は免れました。

忠至の働きにより危機を回避した宇都宮藩。
忠至に1万石を分与して支藩高徳藩が誕生するわけです。

近畿県内の多くの天皇陵。
はるか東の譜代藩が修復・整備していたんですね。

①/

■関連記事■
栃木県宇都宮市 宇都宮城
 宇都宮藩戸田家の居城。
下関市豊田町 安徳天皇西市御陵墓参考地
 参考地ってのは全国に沢山あるらしいですね。
京都府京都市 伏見桃山陵
 明治天皇の御陵。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。