京都府京都市 不動堂村屯所跡

新選組西本願寺より不動堂村屯所を移転。
隊士吉村貫一郎が西本願寺側と交渉し、
移転の諸経費全てを西本願寺が負担しています。
新しい屯所は1万平方メートルの広さに、
表門、高塀、玄関、長屋、使者の間、幹部居間、
平隊士部屋、客間、馬屋、物見中間と小者部屋、
30人が入れる大風呂など、
その規模は大名屋敷並みであったという。

残念ながら間取りなどは判っておらず、
このような感じであったとしかわからない。
そもそもその正確な位置さえ不明です。


此付近 新選組最後の洛中屋敷跡」。
京湯元ハトヤ瑞鳳閣の脇にある石標。
此付近という便利な言葉が付いていますが、
実際の不動堂村屯所はここではないようです。


リーガロイヤルホテル京都」。
諸説ある中で一番信憑性の高いとされる場所。
ここだったかもしれないし、
北側の小学校あたりかもしれないし、
東のアパホテル京都駅堀河通かもしれませんが、
とにかく堀川通上にあったようです。


この付近 新選組 不動堂村屯所跡」説明板、
近藤勇歌碑」。
リーガロイヤルの前庭にあります。
 事あらばわれも都の村人と 
  なりてやすめん皇御心 近藤勇


僅かな期間で移転している為、
新築の屋敷ではないのではないかともされ、
既存の屋敷を改修したのではないかとも云われ、
結局はよくわからない不動堂村屯所なのですが、
新選組嫌いの西村兼文大名屋敷と評しており、
立派な屯所であったのは間違いないでしょう。

その立派な建物に新選組が居たのは僅か半年。
鳥羽伏見の戦い伏見奉行所に転陣した後、
戦に敗れた新選組は関東に下る事となります。

■関連記事■
京都府京都市 八木家
 新選組最初の屯所のひとつ。芹沢鴨暗殺現場。
京都府京都市 西本願寺
 壬生より移転した二番目の屯所。
京都府京都市 伏見奉行所跡
 鳥羽伏見の戦いで新選組は伏見に出陣。