京都府京都市 西本願寺

西本願寺浄土真宗本願寺派本山
その境内は世界遺産にも登録されてます。

本願寺は親鸞廟堂を曾孫覚如が寺院とし、
8世蓮如の代に迫害を受けで越前国吉崎に移り、
越前や河内等数度の移転後に山科本願寺を建立。
後に大坂石山坊舎も造営していますが、
山科本願寺は細川晴元によって焼き打ちされて、
石山坊舎を石山本願寺として本山としました。

その後織田信長との10年に渡る石山合戦の末、
石山本願寺は明け渡されますが、
織田政権から豊臣秀吉政権への移行を経て、
秀吉の寺地寄進を受けて天満本願寺が建立。
後に秀吉の命で京都堀川六条に移転しますが、
11世顕如の長男教如と三男准如の派閥が分裂。
徳川家康により烏丸六条に寺地が寄進されると、
堀川六条の本願寺」と、
烏丸六条の本願寺」に完全に分裂し、
堀川六条本願寺の12世は三男准如、
烏丸六条(現烏丸七条)本願寺の12世は、
長男教如となり両派は別の道を歩みます。

堀川六条の本願寺は「西本願寺」と通称され、
幕末期には新選組屯所が置かれています。


御影堂門」。
境内東側にある巨大な門のひとつ御影堂門
浄土真宗寺院は原則として東向きであるという。
この御影堂門の通り向いに総門が残されており、
御影堂門が正門であるのがわかります。
国指定重要文化財


御影堂」。
親鸞聖人像が安置されている御影堂
御影堂門から入った正面にあります。
本願寺のはじまりが親鸞の廟堂だった為、
御影堂は本堂の阿弥陀堂より巨大。
寛永13年(1636)に建立されたもので、
国宝建築物に指定されています。


阿弥陀堂」。
本尊の阿弥陀如来立像を安置する阿弥陀堂。
御影堂とは渡り廊下で繋がっています。
国宝建築物。

阿弥陀堂北側にはかつて北集会所があって、
新選組はその北集会所や太鼓楼を屯所とし、
矢来柵で境内を区切って使用していたという。
その北集会所は後に亀山本徳寺に移築され、
現在も姫路市亀山に現存しているようです。

太鼓楼は境内に現存していますが、
周辺が工事中で境内からは見学できず、
外からの方かよく見えるとのことで、
阿弥陀門より寺域の外へ。

阿弥陀堂門」。
境内東側にある二つの巨大な門のひとつ。
御影堂門に比べて豪華な装飾が施されています。
国指定重要文化財。


太鼓楼」。
境内北東隅に建つ太鼓楼。
時報法要の合図として太鼓が打たれたという。
山科本願寺にもこのような太鼓があったようで
この太鼓楼は親鸞聖人五百回忌に際し、
境内の大規模な整備が行われて建立されたもの。
新選組が北集会所と共に屯所にしたようですが、
それほど大きな建物でもないので、
メインの屯所は北集会所の方でしょう。

西本願寺は長州藩毛利家と縁が深く、
長州藩の尊皇攘夷派は西本願寺を頼りとし、
当時の宗主広如も尊攘思想を強めており、
周防の海防僧月性を招くなどした他に、
文久3年には朝廷に1万両の献金もしています。
寺内にも長州や周防の出身僧も多かったようで、
自然と西本願寺は長州寄りとなっていましたし、
そもそも本願寺と毛利家は石山合戦からの縁で、
信長に対抗して石山に籠城する本願寺に対し、
毛利家は兵糧を補給する等の支援を行いました。
禁門の変では追われた長州藩兵数十名を匿い、
国許に逃がすなどしています。

幕府としても西本願寺の姿勢には警戒しており、
新選組の人数増加で壬生村が手狭となった為、
あえて西本願寺を新選組の屯所とさせます。
新撰組は訓練と称して境内で空砲発射を行い、
猪鍋などの生臭を境内で食し、
法度を破った者の切腹も境内で行いました。
いわゆる嫌がらせを行ったようで、
結局は西本願寺は大名並みの屋敷を用意し、
新選組に屯所の移転を促します。
これにより新選組は不動堂村屯所に移りました。

■関連記事■
大阪市中央区 大坂城跡
 かつて石山本願寺があった場所。
山口県柳井市 妙円寺(月性関連史跡)
 海防僧月性の関連史跡。
京都府京都市 八木家
 新選組屯所跡のひとつ。芹沢鴨の暗殺現場。