山形県上山市 浄光寺(上山藩藤井松平家墓所)

上山藩藤井松平家松平利長を祖とする家系で、
利長は徳川家康の高祖父松平長親の五男でした。
三河国碧海郡藤井を領して藤井松平家と称し、
戦国時代の当主2代松平信一は家康に仕えて、
土浦藩3万5千石の藩祖となっています。

その後3代松平信吉高崎藩に加増転封し、
すぐに篠山藩に再転封。
4代松平忠国が7万石で明石藩に移り、
5代松平信之郡山藩に転じた後、
老中に昇進して古河藩に加増転封されます。
しかし6代松平忠之が発狂した為に改易。
支藩を興していた弟の松平信通が宗家を継ぎ、
庭瀬藩3万石を経て上山藩に加増転封となり、
※改易時の古河藩の石高は9万石ですが、
 信通自体は興留藩1万石だったので、
 一応は加増転封というカタチです。
以後は廃藩まで上山藩に定着します。

上山藩主歴代墓所は港区高輪の松光寺で、
初代~6代までの墓があったようですが、
現在は失われてしまったようです。
今回訪問したのは領内菩提寺の浄光寺

浄光寺」。
上山温泉を発見した月秀上人が開山した寺院。
月秀上人が当地で布教活動を行っていると、
ある日傷ついた1羽の鶴が源泉で湯浴びをし、
傷を癒している所を発見。
その源泉を利用し温泉場を設けたとされます。
境内の庭はあとで調べたところによると、
沢庵禅師紫衣事件で上山に配流された際に、
作庭したものという。気が付かなかった・・。


藤井松平家墓所」。
浄光寺墓地にある藤井松平家の墓所。
手前が藤井松平家一族の墓で、
奥が7代から10代の藩主の墓です。
これらの藩主は明治以降に死去しています。


敬温院殿従五位仁譽興風仙山大居士」。
7代藩主松平信行の墓。
6代松平信愛が早逝した為に、
津山藩より末期養子として家督を相続。
藩校天輔館を設立したり、
家臣の不満解消の為に手当を増やしています。
天保2年に病を理由に隠居していますが、
その後42年も生きて明治6年に死去。


浄桜院殿従五位下光譽法玉鶴山大居士」。
8代藩主松平信宝の墓。
7代信行の長男で父の隠居で家督を相続。
治世で天保の大飢饉が発生しており、
蔵米を出して領民の救済を行った他、
藩校を明新館に改めています。
文久2年に隠居し、明治5年に死去。


松嘉院殿従三位春譽瑞乾徳齋大居士」他。
9代松平信庸らの墓。
慈海院殿文昇院殿という女性と、
信光院殿という男性が合葬されていますが、
信庸の正室や子供らだと思われます。
慶応3年に江戸市中取締を命じられ、
庄内藩薩摩藩邸を焼き討ちしていますが、
早々に新政府に恭順。
新政府が「徳川家から松平姓を与えられた家は、
本姓に戻すように
」という指示があると、
信庸は早々に藤井姓を名乗りましたが、
支流の上田藩藤井松平家は改姓しておらず、
藤井松平家は元から松平姓だと気づき、
慌てて松平姓に戻しています。
※間抜けな話ですね。
上山藩は新政府軍として庄内に出兵しますが、
奥羽越列藩同盟が締結されると同盟軍となり、
北越方面や秋田方面、白河方面に出陣。
その後、米沢藩が降伏すると、
再び新政府軍の一員となって戦いました。
この変わり身で城下を戦火から守っていますが、
信庸は隠居して謹慎しています。
大正7年死去。


浄運院殿篤誉信安大居士
 常光院殿環誉貞操大姉
」。
10代松平信安および側室たま(?)の墓。
兄信庸の隠居によって家督を相続し、
版籍奉還によって藩知事となります。
しかし後見として信庸が実権を握り、
廃藩置県後も財産を管理されて冷遇を受け、
継嗣とした信庸の子松平信恭と争う事となり、
最終的に華族爵位を返上するに至りました。
大正7年死去。

明治5年に8代信宝が死去するまで、
隠居が3人居たようですので、
なかなか大変だった事でしょうね。

■関連記事■
山形県上山市 上山城
 上山藩藤井松平宗家の居城跡。
長野県上田市 上田城跡
 同族の上田藩藤井松平家の居城跡。