「竜馬、明治をゆく」里村喬

タイトルに釣られて読んでみました。
坂本龍馬が暗殺を逃れて生きていたら?
よくあるifものですね。
フィクションなんで「竜馬」となっています。

竜馬と中岡慎太郎京都見廻組に襲われますが、
中岡はそこで絶命。竜馬も重傷を負います。
竜馬の意識が戻らぬまま歴史は史実通り進み、
鳥羽伏見の戦いを経て官軍は江戸に向かいます。
竜馬は意識が戻ると海援隊を立て直し、
箱館戦争を止めるために奔走する。

残念ながら竜馬が生きていても、
結局は史実どおりに歴史は進みます。
要所要所に竜馬は登場するのですが、
箱館軍によるアボルタージュは失敗し、
新政府軍による箱館攻撃は避けられず、
土方歳三中島親子は戦死し、
榎本は降伏しています。

最終的に箱館戦争をメインに話は進むのですが、
竜馬が居ることによって
歴史的に変わったところがなかったのが残念。
もっと大暴れして欲しかったですね。

明治をゆく」のタイトルどおり、
明治の中期位まで・・。
最低でも西南戦争まで書いて欲しかったし、
竜馬が生きていたので歴史がこう変わった
誰々が死なずにすんだとか、
そういうのがあってほしかったかな?

でも物語自体は龍馬のしそうな行動を、
この竜馬はとっていましたね。

戦国モノWW2モノではifが盛んですが、
幕末モノはそんなにありません。
※新選組関連や突拍子の無いものはあります。
そんな中でありそうで無かったこういう小説が、
もっとあってもいいんじゃないでしょうか?

■関連記事■
「マイ・ディア・シンサク」今江祥智
 幻想的な小説。
「明治維新という過ち」原田伊織
 トンデモというジャンルが必要かも?。
「その男」池波正太郎
 幕末に翻弄された架空の主人公にお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。