「明治維新という過ち」原田伊織

今更ながら「明治維新という過ち原田伊織をしっかり読んだ。

この本の批判は多いが賞賛している人もいる。
大体が政治がらみの評論家やブロガー達から・・・・。
敵を倒すにはどんな手でも使う。吐き気がしますね。

この本は~日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト~
というサブタイトルが付けられています。
テロ=悪」の前提で書かれているこの本は、
作者の大先輩で尊敬しているという司馬遼太郎がいう
桜田門外の変だけは歴史を躍進させたという点で例外・・
の言葉に噛みついている。
これを「呆れる」と言い「暴論と断じるべきだ」という。
暗殺に例外を設けることは論といえない」という。
そりゃそうでしょう。現代においてならね。
でも全く話になりませんね。
これは思想の考え方で歴史ではありません。

昨今の一連の無差別テロでは、歴史は変わりません。
これは正解です。
しかし、かつて「テロで歴史が動いた」というのは事実で、
それを否定するのはただのヒステリー
司馬は「桜田門外は例外」としていますが、
テロによって歴史が動いた事件は数多いのです。

中大兄皇子中臣鎌足らが起こした乙巳の変
これはまぎれもなくテロ事件です。
大化の改新」はテロによって成し得た歴史でした。

天皇拉致を防いだ池田屋事変」の章では、
池田屋新撰組が切り込んだ話が書かれていますが、
筆者は長州側をテロリストサイドと呼ぶ。
しかし新撰組の行為もテロであるという事を、
筆者は全く理解していない。
体制側の暴力テロリズムなのです。

「それは違う」というのであれば、たしかに違う。
新撰組の襲撃というテロ。
池田屋の志士達が起こそうとしたとされるテロ。
桜田門外で水戸浪士が起こしたテロ。
中大兄皇子らのテロ。
京都の浪士達のテロ。
ヒトラーの暗殺未遂事件のテロ。
・・・・そして、現在の無差別テロ。
すべてテロですが、すべて違うのです。

一緒くたにして否定するのも良いでしょう。
思想的にはね。
しかしながら、歴史の評価としてはどうなのか?

仮に現在。
某国をめぐる緊迫した状況で考えれば、
自国民がテロが発生させて、
独自に解決する方法もあるのではないか?
少し暴論ですがベストではなくとも、
ベターではあるかもしれません。
その後の流れによれば評価できることもあるでしょう。
あくまで仮の話です。

この本では、吉田松陰を地方都市の悪ガキという。
高杉晋作を顕彰した「動けば雷電の如く・・・」を、
バカバカしい一文という。
それは人の感性なので好きに言えばいい。
たぶん長州人が嫌いなんだろう。

彼に言わせれば、全て長州&水戸が悪いという結論になる。
暴力を否定しているかと思えば、
奥羽越列藩同盟軍の勇敢さを称えている。
彼に言わせれば、その後の大戦原発事故も長州のせい。
相当嫌われたものですね。
個人的に山口・茨城県民あたりに、
何か嫌な事でもされたのでしょうか?

水戸に関する章も事実誤認が多く挙げてるとキリがない・・。
ここまで来ると便所の落書きです。
筆者は資料を検証したりしないらしいので、それもその筈。

もちろん僕にだって個人的に嫌いな歴史上の人物はいます。
でも、ただそれだけ。何が良くて何が悪いなんて言えない。
一歴史ファンとして、歴史をゆがめないでほしい。
それを一般に広めて政治利用しないでほしい。
ただそれだけ。

この本を読んで
今の政治に対する長年の疑問が解けた
とのたまう輩がネット上に結構いる。
最近ユーチューブでそういう事言ってる女性を見た。
大して本を読んでいない輩が、
頑張って読んだ本がこれだったのだろう。
この本しか読んでいないので、
書かれている事だけが真実となる。
バカ丸出しなのだが、それが他に派生してしまう。
危うい・・・・。

しかし、この本を読んで「面白い」という人がいました。
IFとして物語を楽しんでらっしゃる。
沢山の本をよく読んでいて、真実フィクション
そしてを見分けられる人。
そして見分けた嘘やフィクションを楽しむ事ができる人。
なるほど。面白い推理だね」とか
その可能性は0%ではないね」など、
一歩引いて読むことができる余裕がある人。
そういう読み方もあるのかと感心させられました。
僕もそうありたいものですが、
やっぱり「確信犯の嘘」は大嫌いです。

■関連記事■
「明治維新の「嘘」を見破るブックガイド」田中聡
 これも遠回しな政治批判だった・・。
「消された「西郷写真」の謎」斎藤充功
 最初は良いのですが、途中から論理が飛躍しています。
「幕末 維新の暗号」加治将一
 フルベッキ写真を本物と断定しているトンデモ本。

2 thoughts on “「明治維新という過ち」原田伊織

  1. 繭未

    やっぱり一番底にある歴史はしっかり勉強しておかないと、こういう本だけ読んで知った気になると危険ですね。
    どんな本でも、読んだからって真に受けないようにする事を心がけています。

    返信
    1. kii 投稿作成者

      長州藩が忍者体制だったと主張している人達もいます。
      鹿島昇や太田龍という陰謀論者らが唱えているのですが、
      長州は忍者の国(!)で、その忍術で明治維新の主導権を握ったというもの。
      桂小五郎が中忍で、伊藤博文が下忍なんだそうです(笑)。
      彼らが考明天皇を殺害して、明治天皇をすり替えたんだとか(笑)。
      ほとんど「るろ剣」や「銀魂」のようなマンガの敵組織です。
      ある程度当時の歴史を知ってる人からすると、バカバカしい話なんですが、
      こういうのを本気で信じている人とか意外と沢山いるんですね。
      また、ウソとわかってて、天皇制反対のソースとして利用している人もいます。
      ↑これが一番性質が悪い・・。
      歴史に対する繭未さんのスタンス。とても良いなと感じています。
      定説も異説もifもどんどん吸収して楽しんでおられる。
      ブログ毎度楽しみに読んでますよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。